理不尽な上司の小言を上手に受け流す方法9パターン


たいしたことじゃないのに激怒したり、機嫌によって八つ当たりしたり…。理不尽な上司の振る舞いに思わず逆ギレしそうになることもあるでしょう。とはいえ、いちいち小言を真に受けて、落ち込んでいるわけにもいきません。そこで、『スゴエル』女性読者の声から「理不尽な上司の小言を上手に受け流す方法」をご紹介します。

  • 【1】「この人は私のためを思って怒ってくれている」と思い込む

    「父親みたいなものだと思うようにしている」(20代女性)というように、プラスに捉えて自分の糧にする方法です。理不尽な中にも、目上の人ならではの役立つ見解が混ざっていることもあるものです。ポジティブに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「いつか絶対見返してやる」と仕事のモチベーションを上げる

    「いい仕事をして、『お言葉ですが』と反論できるようになるのが目標(笑)」(20代女性)というように、怒りをやる気に転換させる方法です。「今度は文句のつけようのない完ぺきな仕事をしよう」と思えば、仕事の精度も上がりそうです。

  • 【3】「この人はこんな風にしか物を言えないかわいそうな人」と哀れみの心で向き合う

    「自分はこうはなるまい、と反面教師にしてる」(20代女性)というように、上司の態度を悪いお手本として吸収する方法です。上司のどこが悪いか研究するつもりでいれば、小言も真剣に聞くことができるかもしれません。

  • 【4】「言い返したら100倍になって返ってくる」と自分自身の対抗心を萎えさせる

    「面倒くさいから聞いたフリして最短で終わらせる」(20代女性)というように、最悪の事態を想像して自己抑制する方法です。下手に反発して言い合いになると、心身ともに消耗してしまいます。明らかに他人のミスをなすりつけられたりしない限り、黙って嵐が去るのを待つのがよいかもしれません。

  • 【5】「力足らずで申し訳ありません」と即座に謝り、上司側の立場に立って考えてみる

    「怒るには理由があるはず。そのモトを探るようにしています」(20代女性)というように、相手に寄り添うことで自分にあるかもしれない非を洗い出す方法です。上司の怒りのスイッチがわかれば、今後は怒られないよう改善することもできそうです。

  • 【6】「今日の夜ごはんは何にしよう」とまったく別のことを考える

    「献立に思いを馳せるうちに説教終了(笑)」(20代女性)というように、楽しいことを頭に浮かべて現実逃避する方法です。ただし、本当にミスをしたときや身に覚えのあることへの小言に対しては、きちんと耳を傾け、真摯に謝罪するようにしましょう。

  • 【7】「一生関わるわけではない。今だけ」と完全に割り切る

    「お給料には『ガマン料』も含まれてると思うようにしてる」(20代女性)というように、「付き合ってあげるのも仕事」とビジネスライクに捉える方法です。会社には色々な人がいるので、いちいち気にしていたら心身ともに疲れてしまいます。時には状況を受け入れ、割り切ることも必要でしょう。

  • 【8】「うわぁ、怒ってる顔ゴリラみたいだなー」など、おもしろおかしく妄想する

    「アニメを見てると思えば、まったくイライラしません」(20代女性)というように、イマジネーションを働かせて状況を楽しんでしまう方法です。想像しすぎて、上司が話している最中にニヤけてしまったりすると、火に油を注ぐことになるので、注意しましょう。

  • 【9】「1、2、3、4、5…」と心の中で数字を数えて心を鎮める

    「淡々と数えていると頭が空っぽになって平常心を保てます」(20代女性)というように、心を無にしてやり過ごす方法です。ただし、上の空になっていると「聞いてるのか!?」と余計に怒らせてしまうかもしれないので、相づちは忘れないようにしましょう。

理不尽な上司の小言を上手に受け流すには、どのようにしたらよいでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock