男性社員がげんなりする「ぶりっこ社員」の特徴9パターン


仕草や言葉づかいなど、自分では可愛いと思ってしていることが、男性にとってもそうとは限りません。一度「ぶりっこだな」と思われてしまったら、その後のイメージ回復も大変です。そこで、『スゴレン』男性読者のアンケートをもとに、「男性社員がげんなりする『ぶりっこ社員』の特徴」をご紹介します。

  • 【1】男の前で急にアヒル口になる

    「女同士で話してるときは普通のくせに。わざとだとわかると、ちょっと引く」(20代男性)というように、意識して男性の前だけでしていることは、意外と見抜かれてしまうようです。上目遣いも、ぶりっこ行為と思われてしまいがちなのでやめておきましょう。

  • 【2】「分かんニャイ」、「できましぇん」など、甘えた言葉づかいをする

    「バカにされてるみたいでカンに障る」(30代男性)というように、あまりにも幼稚な言葉づかいはかえって不快感を与えてしまうようです。「お願い」と頼ったり、「嬉しい」「すごい!」とマメに感動を表す発言をしたりすれば、甘えた言葉づかいをしなくても「かわいい」と思われるかもしれません。

  • 【3】イケメンと話すときだけ甲高い声に豹変する

    「急にアニメみたいな声を出すからビックリした」(20代男性)というように、いきなり発せられる高音には違和感を抱く人も少なくないでしょう。それよりも、男女分け隔てなく接する女性のほうが「裏表がなくていい子だな」と思ってもらえるのではないでしょうか。

  • 【4】誰かれ構わずメールにハート絵文字を使いまくる

    「『アイツ俺のこと好きだぜ』って言ってるやつが5人もいて失笑」(20代男性)というように、あからさまな「思わせぶりな振る舞い」をすると、軽い女と思われてしまうかもしれません。男性はハートマークを好意の表れだと思っています。むやみやたらに使わないほうが身のためでしょう。

  • 【5】ちょっと雷が鳴っただけで「キャーッ! こわーい!」と大騒ぎする

    「おまえの声のほうがよっぽどうるさい!」(20代男性)というように、雷程度で過剰に騒ぐと、集中して仕事をしている人の迷惑になってしまうでしょう。騒がず、耳をふさいでジッと耐える姿のほうが「守ってあげたい!」と男心をくすぐるかもしれません。

  • 【6】質問に対してオーバーに首をかしげて考え込む

    「仕草がムダにでかい女性は一緒にいて恥ずかしい」(30代男性)というように、オーバーアクションを嫌がる男性も少なくありません。動きが大きいとコミカルで、落ち着きなく見えてしまいます。こういった仕草はたまに見せるからこそ効果があるのではないでしょうか。

  • 【7】「サキねぇ」など、自分のことを名前で呼ぶ

    「『いい大人としてどうなの?』と思う」(30代男性)というように、特に大人の男性からのダメ出しが多かったのがこのパターンです。一人称が自分の名前というクセがついている女性も、「子どもっぽい」と思われないよう、会社では「私」に切り替えたほうがいいでしょう。

  • 【8】飲み会で下ネタを振られて「やだぁ、信じられなーい」と頬をふくらます

    「絶対ネコかぶってる!」(20代男性)というように、大人が下ネタに過剰に反応すると、「ぶりっこ」認定されてしまうかもしれません。とはいえ、話に乗りすぎると下品だと思われてしまうので、相づちを打つ程度で聞き役に徹するといいでしょう。

  • 【9】「私、天然だからぁ」と天然を自己申告する

    「本物は自らそんなこと言わない!」(20代男性)というように、「天然のふり」をしてもすぐに化けの皮がはがれてしまうでしょう。ムリしてキャラクターをつくるより、自然体でいたほうが自分も相手も心地よくコミュニケーションがとれるのではないでしょうか。

男性社員がげんなりする「ぶりっこ社員」の特徴には、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock