転職先で入社早々に嫌われてしまう振る舞い9パターン


新しい職場になじめるか…転職に不安は付きもの。新天地でいい人間関係を築くためには、避けるべき行動を知っておく必要があるようです。そこで『スゴエル』読者にリサーチした、「転職先で入社早々に嫌われてしまう振る舞い」を紹介します。

  • 【1】設備などを前の会社と比較する

    「『ウォーターサーバーしかないんですか?』と無料コーヒーがないことを不満がられてムカッ」(20代女性)というように、前の職場の設備のほうが優れていたことを暗に知らせる態度は煙たがられるようです。どうせ比べるなら、「わあ! 最新のプリンターですね!」など、優れている面を褒めると、早く職場になじめるのではないでしょうか。

  • 【2】相手が年下と知るとすぐにタメ口で話す

    「この会社では私が先輩! タメ口を使われると仕事を教えにくい」(20代女性)というように、年齢を知るや否やフランクな言葉遣いになる人は、「先輩、後輩」の概念を履き違えていそうです。自分より社歴の長い人は「先輩」として敬いましょう。「タメ口でいいよ」と言われても、仕事中は敬語で話すほうが無難かもしれません。

  • 【3】前職で培った自分の仕事の進め方を曲げない

    「『前の会社では、こうでした』が口癖の人がいて、やりづらかった」(20代女性)というように、自分のルールをかたくなに守る人は、新しい環境では受け入れられにくいでしょう。前職でのやり方のほうが合理的であれば、「こんな進め方もありますが、いかがでしょう?」と「提案」という形で進言してみるとよいかもしれません。

  • 【4】イケメンにだけ積極的に自己紹介する

    「かっこいい社員には猛アピール。そんな人とは距離を置きたくなる」(30代女性)というように、イケメンとブサメンで自己アピールの差が激しいと、男性だけでなく、女性からのウケも悪くなりそうです。誰に対しても「先日入社した○○です。どうぞよろしくお願いします」と丁寧に挨拶できると好印象を持たれるでしょう。

  • 【5】「まだ、やり方がわからないので」と手伝おうともせず、指示を待つ

    「新卒でもあるまいし、指示を待つだけの人は戦力にならない」(30代女性)というように、「わからない」を理由に動かない人は嫌がられるようです。「何かできることはありませんか?」「お忙しいところすみませんが、操作方法を教えてください」と積極的に声をかけると、自然と仕事を覚えられるでしょう。

  • 【6】露出が多く、仕事にそぐわない服装をする

    「初日からミニスカートに生脚で出社し、女性陣から目を付けられていた」(20代女性)というように、仕事を顧みない我が道を行くスタイルは、周囲から浮いてしまうばかりか、職場になじむ気がないと見なされそうです。先輩の服装を参考にしながら、仕事に差し支えない程度に少しずつ個性を出していくようにしましょう。

  • 【7】お礼も言わず、「教えてもらって当たり前」という態度をとる

    「時間を割いて仕事を教えてくれる先輩に感謝しない人は、伸びない」(30代女性)というように、「教えるのが先輩の仕事でしょ」とでも言いたげな態度をとられると、教える側もやる気をなくしてしまいます。「先輩の説明はわかりやすいです」「丁寧なご指導をありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】黙々とひとりで行動し、周囲になじもうとしない

    「お昼になるや否やひとりで外出されると、ランチにも誘えない」(20代女性)というように、最初から単独行動が多い人は、距離を置いていると見なされ、声をかけてもらえなくなりそうです。お昼前に「どこで食事されてるんですか?」「いいお店を教えてください」などと歩み寄れば、一緒にランチに出かける流れになるでしょう。

  • 【9】基本的な作業ができなくても平然としている

    「簡単な表計算もできないのに、堂々と『できません』と言われても困る」(20代女性)というように、「調べる」「尋ねる」という行動ができない人は、「なぜこんな人を採用したのか?」とがっかりされそうです。「教えてください」と頼んでメモを取りながら熱心に聞いたり、インターネットや本で調べるなど、努力する姿勢を見せることが大切です。

転職早々に嫌われてしまうような振る舞いには、他にどのようなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(田村理恵)
Photo:All images by iStock