忙しくてイライラしている同僚女子の気持ちを上げる一言9パターン


繁忙期に心身ともにヘトヘトでテンパっている同僚がいたら、職場の仲間として元気づけてあげたいものです。そこで今回は、『スゴエル』女性会員のアンケートをもとに、「忙しくてイライラしている同僚女子の気持ちを上げる一言」を探ってみました。

  • 【1】「隣の課のイケメンくんが、さっき見てたよ」

    「『えっ、嘘っ!?』って急にシャキッとなった。どんな状況でもイケメン効果は絶大!」(20代女性)というように、異性の目を意識させてテンションを上げるパターンです。さらに、イケメンの同僚にコーヒーを差し入れさせたりすれば、癒し効果もありそうです。

  • 【2】「大変なときは自分だけで抱え込まないで。手伝うよ!」

    「ひとりじゃないってことを伝えます」(20代女性)というように、仕事を手伝う意思表示をし、安心感を与えるパターンです。頼れる人がいると思うと、誰でも心強いものです。そのときできる範囲で手を貸してあげるだけで、精神的な負担がグッと軽くなるでしょう。

  • 【3】「これを乗り越えたらおいしいもの食べに行こう!」

    「同僚の大好きなイタリアンを予約して『だから頑張ろう!』って言ったら、超上がってた」(20代女性)というように、ご褒美をチラつかせてモチベーションを保たせるパターンです。楽しみが待っていると分かれば、それに向けて頑張ることができるのではないでしょうか。

  • 【4】「みんな『できる人』には頼っちゃうんだよね」

    「『敏腕、頑張って!』と激励したら、まんざらでもない顔してた」(20代女性)というように、自尊心をくすぐっていい気分にさせるパターンです。仕事ぶりを褒められてイヤな気分になる人はいないでしょう。精一杯持ち上げて、気力を奮い立たせてあげましょう。

  • 【5】「これが一生続くわけじゃない!」

    「『去年もきつかったのは3日目までだったし』と過去の例を出しました」(20代女性)というように、この忙しさにも終わりがあることを認識させ、気持ちを楽にしてあげるパターンです。さらに、「今どこまで進んでるの?」と現状確認し、どれくらいで終わるのか明確化すると、仕事の効率も上がるかもしれません。

  • 【6】「部長が『あいつ頑張ってるな』って言ってたよ」

    「その言葉で、すっかり元気を取り戻しました」(20代女性)というように、きちんと評価されていることを伝え、奮起させるパターンです。上司が見ていると分かれば気が引き締まり、「最後まで丁寧に仕事をこなそう」と思い直すきっかけにもなるでしょう。

  • 【7】「同性から見ても、一生懸命な姿はほんとにかっこいいと思う」

    「『こんな仕事任されるなんてすごいよ!』と称えます」(20代女性)というように、働く姿勢に敬意を表し、自分の存在の重要性を再認識させるパターンです。責任感も増して、「忙しくても頑張ろう」と思えるようになるかもしれません。

  • 【8】「世界一おいしいチョコレート、食べる?」

    「チョコ好きの同僚に言ったら、笑顔が戻って和やかムードに」(20代女性)というように、冗談まじりで笑いを誘うパターンです。たとえそれが100円の板チョコだったとしても、思いやりの気持ちは伝わるでしょう。

  • 【9】「今日の帰り、岩盤浴で汗と一緒に嫌なこと全部流そうよ!」

    「『今日の疲れは今日のうちに発散しよ!』と連れ出したら、次の日スッキリした顔で出社してきた」(20代女性)というように、1日の終わりにストレスを発散させてあげるパターンです。カラオケやボーリングなど、騒いだり体を動かしたりできるアトラクションもよいかもしれません。

忙しくてイライラしている同僚女子の気持ちを上げる一言には、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock