迷惑なほどやる気のない後輩のモチベーションを上げる方法9パターン


一緒に仕事をすることになった後輩が、まったくやる気がなくて困ってしまった…。ときにはそんなピンチもあるでしょう。こんなとき、どうすれば気持ちよく仕事ができるのか、『スゴエル』読者のアンケート結果をもとに、効果的な対処法を探りました。

  • 【1】後輩の得意な作業を任せて達成感を与える

    「サクサクできる仕事をさせて、『速いじゃん!』とやる気にさせます」(20代女性)など、仕事のおもしろさや達成感を味わわせるという方法もあるでしょう。少しずつ任せる仕事の難易度を上げていけば、自然とスキルもやる気もアップさせられるかもしれません。

  • 【2】「課長が『○○はやればできる』って期待してたよー!」とハッパをかける

    「上司が評価してると言ってみたら、嬉しかったらしく仕事をしてくれるように」(20代女性)のように、「自分は期待されている」という意識がモチベーションアップにつながることもあるようです。「私も、○○さんはポテンシャル高いと思ってるんだ」とたたみかけると、さらに後輩の自尊心をくすぐれるでしょう。

  • 【3】多少頑張ったときには、ご褒美ランチをおごってあげる

    「ちゃんとやってくれると助かるので、多少の出費なら我慢できます」(20代女性)というように、頑張る姿勢が見られたら御馳走をするという人もいました。「○○ができるようになったら、今度はイタリアンのランチね」とグレードアップを約束すれば、より発奮するのではないでしょうか。

  • 【4】「私もあの作業、苦手だったんだ」と同調して心を開かせる

    「仲良くなったほうが何かと便利なので、まずは『私も同じだよ』と仲間意識をもたせます」(20代女性)のように、後輩に共感してみせるのもいいでしょう。「嫌な仕事、押しつけられちゃったね。でも頑張ろう!」などと共同戦線を張ると、一緒に頑張る気になってくれるかもしれません。

  • 【5】「○○さん、伝票処理が速い!」と、何かにつけて褒めてみる

    「叱ると逆効果なので…」(30代女性)と、とにかく褒めて伸ばすという声も寄せられました。「すごい、前はもっと時間かかっていたのに。成長してるねー!」とレベルアップしていることを強調すると、さらにモチベーションを上げることができるでしょう。

  • 【6】「○○君が褒めてたよ」とイケメン社員の名前を出してやる気にさせる

    「男性の目を気にしそうなタイプなら、そこを突きます」(20代女性)と、「イケてる男性があなたの仕事ぶりを見ている」と気づかせる方法もあります。「きちんと仕事をすると、不思議と誰かが見てるんだよね」とダメ押しすると、仕事への姿勢を改めてくれるかもしれません。

  • 【7】「ミスをしたら、3日間お茶出し担当ね」と何らかの罰を決める

    「褒めても効果がなかったので、失敗したらペナルティを科すことにしました」(20代女性)のように、あえてムチを与えるという意見もありました。ただし、さらに後輩のやる気を削ぐ可能性もあるので、いろいろな方法を試したあとの最終手段としてとっておいたほうがいいでしょう。

  • 【8】二人で飲みに行って、グチや本音をとことん聞く

    「本気で語り合って、やる気が出ない原因を探ってみます」(20代女性)と、お互いに腹を割って向き合う機会をつくる方法もあるようです。気前よくおごってこちらから本音を話せば、後輩も心を開いて、その後の関係性もスムーズになるでしょう。

  • 【9】「○○さんの得意なことは何?」と後輩の意見を第一に仕事を割り振る

    「やりたいことを聞いて仕事をするようにしたら、スムーズになりました」(30代女性)のように、相手の意向をきちんと聞く姿勢が大切、という声もありました。自分で選んだ作業ならいつもより責任を感じて、最後までやりきってくれるかもしれません。

やる気のない後輩のモチベーションを上げるためには、ほかにどんな方法があるでしょう。皆さんの意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock