定時で帰りたいとき、周囲にイラッとされないための去り際のセリフ7パターン


「絶対に定時であがりたい」という日なのに、周りの視線が気になってなかなか帰りづらい…。そんな人は帰り際のセリフを変えてみてはいかがでしょう。今回は『スゴエル』読者が実践している、周囲をイラッとさせないための去り際の言葉を紹介します。

  • 【1】「朝、早出したので、今日は失礼しますね」と十分働いたことをアピールする

    「定時で帰りたい日は1時間早く出社し、それをしっかり伝えながら去る」(20代女性)というように、朝から準備しておくのは賢い方法ではないでしょうか。文句を言われることもなく、むしろ「頑張っている」という印象を与えられるかもしれません。朝、まず社内メールで上司に仕事の伝達をし、早出した証拠を残しておくとよいでしょう。

  • 【2】「皆さん、お疲れさまです! お先に失礼します!」と大きな声で堂々と伝える

    「こっそり帰ると後ろめたさを感じ取られて、あとで嫌味を言われる。堂々と退社すれば問題ない」(20代女性)というように、気持ちいいほど爽やかに「お先です!」と宣言すれば、イラッとされないという意見もあります。「今日は仕事がはかどりました!」と言いながら笑顔で退社すると、周囲も自然と「お疲れさまです」と応えてくれるでしょう。

  • 【3】「すみません、火曜だけは。恐縮です」と決まった日だけ早く帰ることを印象づける

    「ほかの日は残業するけれど、週一で定時に帰る日を設定する」(30代女性)というように、「今日は早く帰る日だから仕方ないね」と周りに印象づけることができれば、こちらのものです。同僚と協力して、「○○さんは水曜、私は火曜」というように、数人で別々の日を個人的な「ノー残業デー」にしてしまえば、定時で帰りやすい職場に変えられるかもしれません。

  • 【4】「明日は早く出社しますので」と明朝に挽回する旨を話す

    「『今日はどうしても早く帰らないといけない』と匂わせながら、明日頑張ることを伝える」(20代女性)というように、翌日の意気込みをしっかり伝えて帰るのもひとつの方法です。翌朝は誰よりも早く出社して、「おはようございます!」と元気よく皆を迎えられるようにしましょう。

  • 【5】「お手伝いすることがなければ帰らせていただきます」と念のため聞く

    「仕事を頼んでこないであろう先輩を選んで声をかけてみる(笑)」(20代女性)というように、他人の仕事に協力する意思だけでも見せておくと、にらまれずにすみそうです。実際に手伝いを頼まれてしまったら、「このあと用事がありますが、1時間だけならお手伝いできます」と正直に伝えましょう。

  • 【6】「資料を買ってから直帰します」と立ち寄りの用件を作る

    「無理してでも、立ち寄りの用事を捻出する。会社から出られれば自由の身だから」(20代女性)というように、早く退出するための正当な理由を作るという方法です。ただし、嘘はいけません。翌日、「資料は購入できた?」と聞かれてもいいように、実際に用事はすませておいたほうがよさそうです。

  • 【7】「母が上京しているので親孝行してきます」と家族サービスを理由にする

    「『家族のため』という理由だと、無理なく帰れる」(20代女性)というように、「田舎からお母さんがわざわざいらしているのなら、早く帰ってあげなきゃね」と同情を買う作戦です。実家暮らしなら「父の還暦祝いなので」など、家族の記念日を理由にすると「家族仲がいいんだな」と好意的に受け取ってもらえるかもしれません。

周囲の反感を買わずに定時であがるためには、帰り際のどんな一言が効果的でしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(田村理恵)
Photo:All images by iStock