急に髪をバッサリ切ってきたお局様に「言ってはいけない一言」9パターン


お局様が突然ヘアスタイルをガラリと変えてきたら、後輩として無視するわけにはいきません。しかし、褒めるつもりで言った言葉でも、選び間違えると地雷を踏む恐れがありそうです。そこで今回は、『スゴエル』読者のアンケートを参考に「急に髪をバッサリ切ってきたお局様に『言ってはいけない一言』」をご紹介します。

  • 【1】年上女性を怒らせそうな「若返りましたね!」

    「『年寄りで悪かったわね』とジロリ。背筋が凍った」(20代女性)というように、これは年下から言われるとカチンとくるセリフのようです。それならば「イメージが変わりましたね」などと褒め、「若返った」という部分はぼかしたほうがよいでしょう。

  • 【2】嫌なことが原因だったら最悪「何か心境の変化でもあったんですか?」

    「どうやら失恋したらしく、『あなたには関係ないでしょ』と1日中不機嫌」(20代女性)というように、うかつにイメチェンの理由を尋ねるのは危険なようです。向こうから話してこない限り、「似合っています」など、無難な褒め言葉にとどめておくのがよいかもしれません。

  • 【3】お局様が嫌いな人だったら一大事「タレントの○○みたい」

    「人気アイドルの名前を出したら『あんな子どもと一緒にしないで!』と激怒」(20代女性)というように、他人を引き合いに出すのは控えたほうがよさそうです。「流行りの髪型」という意味合いで褒めたいなら、「雑誌で見て『いいな』と思ってた髪型がちょうどそんな感じで」などと言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【4】褒めたつもりが逆効果「こっちの方が断然似合ってます」

    「『前の髪型はヘンだった?』と皮肉たっぷりの返事。そんなつもりじゃ…」(20代女性)というように、言葉選びを間違えるとあらぬ誤解を招いてしまうようです。「前もステキだったけど、今回はさらに美人度が増しましたね」など、以前もよかったけど今のほうがなおよい、というニュアンスを強調するとよいでしょう。

  • 【5】元は汚かった? 「傷んでた部分を切ると髪がキレイに見えますね」

    「『そうよ、枝毛を全部切ったのよ!』と半ギレされた」(20代女性)というように、切る前の髪の傷みをわざわざ指摘するような発言は、相手の気持ちを逆なでしてしまうでしょう。「髪のツヤが増しましたね」など、ポジティブなことのみ伝えるようにしてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】顔がでかいとでも言いたいの? 「小顔効果絶大ですね」

    「『顔が大きいのが悩みだったのよね』と返され絶句」(20代女性)というように、小顔「効果」と言ってしまうと、元はそうじゃなかったと言っているようなもの。そういうときは「小顔が際立ってステキ」など、現在のシャープなフェイスラインにのみ言及するとよいかもしれません。

  • 【7】白髪目立ってた? 「あっ、髪染めたんですね」

    「白髪染めのことを言われたと思ったみたいで、『嫌味?』と睨まれてしまった」(20代女性)というように、お局様世代は白髪隠しのためにカラーリングを施すことも少なくないようです。髪色を褒めたいなら「明るいブラウンがお似合いですね」など、具体的に表現しましょう。

  • 【8】それが狙いじゃない恐れあり「ボーイッシュでかっこいい!」

    「ぶ然として『フェミニンにしたつもりなんだけど』と言われちゃいました」(20代女性)というように、安易にイメージ付けをして褒めるのは危険かもしれません。「重めのバングがいいですね」など、あくまで見た目の情報のみを取り出せば地雷を踏むこともないでしょう。

  • 【9】それより髪型を褒めて! 「シャンプー楽そうでいいですね」

    「『それしか言うことないわけ?』と不満全開」(20代女性)というように、褒め言葉でもない見当違いの感想を言うと、お局様を怒らせてしまうかもしれません。まずは、「似合う」、「可愛い」など、髪型を褒め、感想はその後で付け足し程度に言うとよいでしょう。

急に髪をバッサリ切ってきたお局様に「言ってはいけない一言」には、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock