「もしかしてコレが嫁いびり?」と悩んでしまう姑の微妙な行動9パターン


姑のちょっとした言葉や行為に「ん?」と引っ掛かりを感じたことのある人は少なくないはずです。「それってどういうことですか?」と聞くわけにもいかないとき、モヤモヤとした気持ちはどう解消すればいいのでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、嫁いびりなのか違うのか悩ましい姑の微妙な行動例と、上手な受け止め方をご紹介します。

  • 【1】ほかの家のお嫁さんをベタ褒めする

    「私に不満があるのかな?と心配になる」(20代女性)というように、多くの人は言葉の裏を読んで悪いほうへ考えてしまいがちです。もしかしたら姑には「嫁比べ」の意図はなくて、嫁の気持ちに無頓着なだけかもしれません。「私も褒められてみたいなー」などと、軽い感じで気持ちを伝えてみましょう。

  • 【2】自分が畳んだ洗濯物を整え直される

    「私のやり方にダメ出しされた気分」(30代女性)など、家事を手直しされたことを嫌味に思う人もいます。とはいえ自分だって、夫に手伝いを頼んだとき、畳み方が違っていればやり直すことがあるのではないでしょうか。もし姑の家での出来事なら、黙って目をつぶったほうが得策でしょう。

  • 【3】ほかの嫁には「ちゃん」づけで、自分のことは呼び捨てにする

    「ぞんざいに扱われてる気がする」(20代女性)というように、自分と自分以外の嫁の呼び方が違うことを、気にする人は多いようです。悶々と悩むぐらいなら、いっそ無邪気に「何ででしょう?」と尋ねてみてもいいでしょう。ついで「私だけ違うのは寂しいです」と涙ながらに訴えれば、姑も考え直してくれるかもしれません。

  • 【4】自分の得意料理を、帰省するたびに作って出される

    「『あなたより私が作ったほうが美味しい』っていうアピールかも」(30代女性)というように、姑の行動に対抗心を感じることもあるでしょう。挑発されたと思っても、ここはあえて「お義母さんの料理はいつも最高!」と言ってあげましょう。張り合うより、おだてて作ってもらったほうが自分もラクになれそうです。

  • 【5】誰がどう見ても似合わない服を贈られる

    「筋肉質の私に清楚系のワンピなんて…。嫌がらせ?」(20代女性)というように、自分の趣味と違うものを贈られれば、誰でも困るに違いありません。姑の悪気を疑うのは仕方がないですが、純粋に善かれと思っている可能性もあります。自分が言うと角が立つので、夫に頼んで「この服は違うだろ」と言ってもらうといいかもしれません。

  • 【6】苦手な食材が入った料理を「これは美味しいのよ」と出される

    「かんきつ類がダメな私にさつまいものレモン煮を勧められても…」(20代女性)というように、姑の行動が故意に思えるときもあるでしょう。とはいえ、もしかしたら単に「嫌いなことを忘れていた」など、悪意はないのかもしれません。とりあえず「ごめんなさい。本当に無理、吐いちゃうんです」と弱りきった声で何度か訴えてみましょう。

  • 【7】掃除のハウツー本をプレゼントされる

    「部屋が汚いって遠回しに言われたのかな」(30代女性)というように、贈られた理由を考えてもキリがないし、尋ねても納得できる理由が聞けるとは限りません。いっそ「今評判の本なんですって!」と太り気味の姑にダイエット本を贈るなど、軽いジャブを返してこっそり溜飲を下げちゃいましょう。

  • 【8】帰省に合わせて新品のエプロンが用意されている

    「『嫁は働け』という無言のメッセージ…!?」(30代女性)というように、姑が家事用品をくれれば勘ぐりたくもなるでしょう。しかし見方を変えれば、「お嫁さんに何かあげたい」と無難なものを用意しただけかもしれません。ここは気持ちを切り替えて、「ヨメ、期待に応えて頑張ります!」と宣言し、疑う思いを笑いに包んで出してみましょう。

  • 【9】手料理を出しても箸をつけようとしない

    「私が作ったものは食べたくないの?」(20代女性)というように、せっかくのもてなしを無視されるのは辛いもの。黙って耐えずに「お義母さん、これ苦手ですか?」と食べない理由を尋ねてみましょう。「おいしくないですか?」と言ってしまうと、姑に頷かれたときにますます辛くなるので、聞き方には気を付けましょう。

姑の微妙な行動が嫁いびりのように感じられたら、それをどう受け止めて、どんな対応をするのがいいでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(セイノマサコ)
Photo:All images by iStock