先輩の「飲んで帰るか!」という誘いをかわす上手な言い訳9パターン


「そろそろ帰ろうかと思っていたら、男性の先輩に飲みに誘われてしまった」、なんて経験がある人も多いでしょう。とはいえ、気が乗らないときには、上手に断ってスマートに帰りたいものです。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、急な飲みの誘いを断る言い訳を探ってみました。

  • 【1】「仕事がまだまだ終わらないんです」と残業を理由にする

    「少しでもやることが残っている場合は、『仕事があるんですー!』と断ります」(20代女性)と、まだ出られないことをアピールする方法もあります。万が一「じゃあ、待ってるよ」と言われてしまったら、自分から「時間がかかりそうなので、今回はあきらめます」と言って切り抜けましょう。

  • 【2】「すみません、ちょっと具合が悪くて」と体調不良を訴える

    「お腹の調子が悪いなどと言えば、すぐに引き下がってくれます」(20代女性)のように、体の不調を理由にするのも一つの手でしょう。お酒が好きだと思われている場合は、「昨日飲み過ぎちゃったので、今日はやめときます」と言うと、相手も納得してくれそうです。

  • 【3】「彼氏が熱を出したらしくて…」と彼の病気のせいにする

    「さりげなく付き合っている人がいることも伝えたられたので、以前ほど誘われなくなりました」(20代女性)と彼の看病を言い訳にすれば、その後の誘いも防げるようです。「心配なので、早く行ってあげたくて」と言い添えれば、「一途ないい子だな」と好感度もアップするでしょう。

  • 【4】「母が遊びにきてるんです」と親をダシにする

    「親を持ち出せば、それ以上しつこく誘われることもないです」(20代女性)というように、家族との約束を理由にすれば「仕方がないな」と思ってもらえそうです。「そう言わずに一杯だけ!」と連れ出された場合も、「親が待っているので」と言えば、早めに解放してもらえるでしょう。

  • 【5】「久しぶりに友人と会う約束をしていて…」と特別なアポを匂わす

    「『学生時代の友達と○年ぶりに会うんです』と言ってお断りに成功したことがあります」(20代女性)というように、外せない先約があると言うのもよさそうです。「積もる話がたくさんあるんですよ」と言っておけば、「俺もまぜて!」と言い出しかねない強引な先輩もシャットアウトできるでしょう。

  • 【6】「ちょっとお酒で失敗しちゃって、自粛中なんです」と断る

    「『記憶をなくして反省してるんで』と言ったら諦めてもらえました」(20代女性)と、先輩の誘いではなく「お酒の席そのもの」を避ける理由を提示する人もいました。「先輩とだと、つい楽しくて飲み過ぎちゃいますし」と言えば、相手の気分を損ねることもなさそうです。

  • 【7】「今日は週に一度のヨガの日なんです」とお稽古事を持ち出す

    「『習い事を始めた』と言っておけば、いつもヒマだと思われなくなります」(30代女性)というように、アフターファイブに固定の予定があると宣言しておくのもよさそうです。ただしその場合、どの曜日に何の予定があるのか、自分の発言は必ず覚えておくようにしましょう。

  • 【8】「歯医者に予約を入れちゃってるんです」と謝る

    「大人の外せない私用といえば、やっぱり病院かなあ」(20代女性)というように、歯医者などの予約を持ち出すのもいいでしょう。美容院やエステサロンの予約を言い訳にすれば、女らしさのアピールにもなりそうです。

  • 【9】「残念ながら、今月ピンチなんでやめときます」と金欠を理由に断る

    「そんなことにお金を使いたくない、というのが本音だったりもします(苦笑)」(20代女性)と、急な誘いだからではなく「お金がないから行けない」と断る人もいるようです。「オレがおごるから!」と言われたら、「それでは申し訳ないので、給料日にでもまた誘ってください」と次回の提案をするといいでしょう。

男性の先輩から帰り際に飲みに誘われた場合、ほかにどんな断り方があるでしょうか。皆さんの意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock