職場に毎日やってくる宅配便男子が好感を持つOL9パターン


宅配便や荷物の集荷にやってくる男子に、密かに胸をときめかせているOLもいるようです。そこで今回は『スゴレン』の男性読者に、「好感を抱く出入り先の女子の態度」についてお聞きしました。職場の男性たちにも好印象を与えられそうな、宅配便男子への気持ちのよい対応をご紹介します。

  • 【1】「あっ、来てくれたー」と、即座にデスクから立ち上がる

    「仕事上であっても、僕を見て嬉しそうにされると心が浮き立ちます」(20代男性)というように、待っていたことを伝える言動は好感度を上げるようです。「コレをお願いしたかったんです、よいしょ」などと可愛らしく荷物を持っていくと、さらにダメ押しになるでしょう。

  • 【2】「○○さん、今日はこれをお願いします」と名前を覚えている

    「会社名ではなく名指しされると、親しみを感じてもらえているのかなと思う」(20代男性)というように、相手の名前を覚えて親近感を与えるのも効果的でしょう。初めて見かける業者さんには名前を聞き、自己紹介をしておくと、自然と多少の無茶も聞いてもらえる間柄になれるかもしれません。

  • 【3】「お疲れさまですー!」と差し出した荷物の梱包や伝票の文字が美しい

    「美しく包まれた荷物を渡されると、『素敵な子だな』と思ってしまいます」(30代男性)というように、宅配便男子に渡す荷物そのものも意外とチェックされているようです。うまく梱包できない場合は、彼らに相談すれば距離も縮まって一石二鳥になるでしょう。

  • 【4】「今日は、荷物がたくさんあってごめんなさい」と気遣う

    「『スミマセン、重いですよね』なんて言われると、がぜんやる気になりますね」(20代男性)と、恐縮しつつ相手を気遣う様子にグッとくるという意見もありました。「すごい、一人で持てちゃうんですね」などと感心してみせると、さらに男ゴコロをくすぐることができそうです。

  • 【5】「これ、どうぞ!」とドリンクを差し入れる

    「ノドが渇いていることも多いので、そういう気遣いは嬉しいです」(20代男性)というように、時にはドリンクを渡すのもポイントアップにつながるようです。両手がふさがることも多い仕事なので、フタをして持ち運べるペットボトルのものを差し入れるといいでしょう。

  • 【6】「ゆっくりで大丈夫ですよ」とエレベーターやドアを押さえて手伝う

    「台車で運んでいるとき、ドアを押さえてもらえると本当に助かるんです」(20代男性)など、物理的なサポートをされると助かるし嬉しい、という声も寄せられました。大変そうだな、と感じたら、「何かお手伝いしましょうか」と声をかけてみてもいいかもしれません。

  • 【7】天気の話など、仕事以外の話もする

    「『寒いですねー』なんていうささやかな会話が、いい気分転換になるんですよ」(20代男性)というように、ちょっとした会話が宅配便男子の心を癒すこともあるようです。その会話の積み重ねから共通点などが見つかり、グッと距離が近づくかもしれません。

  • 【8】「いつもありがとうございますー!」と毎日笑顔で迎える

    「笑顔で挨拶! 単純ですが、それだけで心が安らぐんです」(30代男性)など、「元気よくにこやかに迎えられると嬉しくなる」という男性も多いようです。どんなに忙しくてもキリキリせずに、笑顔を忘れないようにすると、職場全体から愛される存在になれるのではないでしょうか。

  • 【9】「お裾分けですー」と、たまにアメやお菓子を渡す

    「ちょっとしたお菓子なら気軽に受け取れるし、こちらも和んでしまいます」(20代男性)と、負担にならない範囲の差し入れも好印象を与えられるようです。「甘いモノとしょっぱいの、どっちの気分ですか?」などとコミュニケーションをとりながら渡せば、さらに楽しくやりとりができるようになるでしょう。

毎日集配に来る宅配便男子に好感を持たれるには、ほかにどんなアクションがあるでしょう。皆さんの意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock