気になる同僚に「実は本命」と気づかせるバレンタインチョコの渡し方9パターン


ひそかに狙っている同僚がいるなら、バレンタインを活用するのも一つの方法です。そこで今回は、『スゴレン』男性読者に、本命と気づかされてドキドキしたバレンタインデーの思い出を聞いてみました。そこから見えてきた「理想の本命チョコのわたし方」をご紹介します。

  • 【1】「よかったら今度食事でも!」と関係を発展させるためのメッセージを添える

    「女性から誘われると、いろいろ考えてしまいます」(20代男性)のように、食事や飲みなどのお誘いは相手を意識させる第一歩となるようです。「来週とか、どうですか?」と具体的な期日を添えておくと、本気度の高さがアピールできるでしょう。

  • 【2】「こっちは義理、こっちは本命。どっちにしますか?」と冗談っぽく二つ差し出す

    「みんなと一緒の義理チョコ以外に、『こっちは○○さんにだけ!』と高価そうなヤツをもらっちゃいました」(20代男性)と特別なチョコを別にもらった、という経験談も寄せられました。脈がなさそうなら「冗談です、はい、コレどうぞ」と義理チョコだけを渡せば、彼との関係が気まずくならずにすみそうです。

  • 【3】エレベーターや踊り場など二人きりになれる空間で、目を見つめながら渡す

    「人目をはばかるように呼び出されて、ドキドキしてしまいました」(20代男性)と、秘密めいた態度にときめいてしまった男性もいました。「○○さんにはちゃんと渡したくて」と言いつつ差し出せば、より特別感を演出できるでしょう。

  • 【4】バレンタインの次の日に「迷ったけど渡したくて」と時間差で渡す

    「当日もらえず『あれ?』と思っていた分だけ、強い印象を受けました。迷っていたと言われると、本気っぽい」(30代男性)のように、あえて翌日に持ち越すのも一つの手でしょう。「まだ、間に合いますか?」と可愛らしく渡せば、よりいっそうドキドキさせられそうです。

  • 【5】他の人とはあきらかに違う、高級チョコをそっと手渡す

    「有名ショコラティエのものをもらって『これは義理じゃないな!』と思いました」(20代男性)という男性もいることから、ストレートにチョコのクオリティで勝負する方法もあります。「ぜひ、○○さんに食べてもらいたくて」と笑顔で渡せば、きっと気持ちが届くでしょう。

  • 【6】朝一で出社し、手作りチョコをこっそり引き出しの中に入れておく

    「可愛らしいラッピングの手作りチョコを見つけたときは、嬉しくてソワソワしてしまいました」(20代男性)というように、手作りチョコに特別感を感じる男性は多いようです。みんなと一緒の義理チョコも配ったうえで、特別なものを忍ばせておくと、周囲にもバレずに「二人だけの秘密」を演出できるでしょう。

  • 【7】「○○くん、これ好きだったよね」とチョコにプレゼントを添える

    「チョコ以外のギフトがあると、僕だけのために選んでくれたことが伝わります」(30代男性)のように、相手の好みに合わせた贈り物も威力を発揮するようです。日頃から持ち物をチェックしておき、「名刺入れがくたびれてるみたいだから、これ使って!」などと彼の状況に応じたアイテムを贈るのもいいでしょう。

  • 【8】体裁は皆と同じにして、中に「あなたが本命」のメッセージを入れておく

    「てっきり義理チョコだと思っていたから、開けたとたん心臓が飛び出しそうになりました」(20代男性)と、そっけないチョコと熱いメッセージのギャップにノックアウトされた男性もいました。個人携帯の番号やアドレスを添えておけば、早々に返事がもらえるかもしれません。

  • 【9】「ホワイトデーに行きましょう!」と映画の前売り券を添えて渡す

    「ペアチケットを贈られて一緒に映画を見たのがきっかけで、付き合うようになりました」(20代男性)と、デートに直結するアイテムを渡してしまうのもいいでしょう。相手が鈍感なタイプの男性なら恋愛映画をセレクトして、強制的に甘い雰囲気に持って行ってしまうとよさそうです。

職場の同僚に「本命チョコだ」と気づかせるには、ほかにどんな方法があるでしょう。皆さんの意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock