男性を「俺って、避けられている?」と不安にさせてしまう行動9パターン


女性のちょっとした態度が男性を不安にさせてしまうことがあるようです。男性にそう思わせないために、スゴレン男性読者のご意見を基に「男性を『俺って、避けられている?』と不安にさせてしまう行動9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】前はすぐにメールの返事をしてくれたが、遅くなった。

    「オレの相手がめんどくさくなったのかな…と思う」(20代男性)と、自分に対しての関心や優先順位が下がってきたと実感するようです。「返事が遅くなってゴメンね」と一言を添えると、男性を不快に思わせることがないかもしれません。

  • 【2】週に1回は電話をしていたが、最近は電話に出てもらえなくなった。

    「自分と話すことがなくなったのかなと思う」(10代男性)と、寂しさを感じるようです。「電話に出られなくてゴメンね」などとメールでフォローをしたり、自分からすぐに電話をかけ直したりすると、男性も避けられていると感じることはないでしょう。

  • 【3】前はよく目が合っていたが、なかなか合わせてもらえなくなった。

    「俺の存在自体をなしにしようとされてる気がする」(10代男性)と、へこむようです。目を合わせるのが恥ずかしい場合は自分から話しかけたり、相手が気になる男性であれば、「目が合うと緊張する」とさりげなくアピールするといい意味で男性が意識してくれるかもしれません。

  • 【4】自分の話を聞いてくれていたのに、会話の返事がそっけなくなった。

    「返事が『そうなんだ』とか『へー』だけで話を聞いてくれない」(10代男性)と、自分に興味がなくなってきたと感じるようです。「?なんだね」と男性の会話を繰り返したり、「すごいね?」とほめたりすると、話を聞いているとアピールができるでしょう。

  • 【5】毎日のように話をしていたが、必要最低限の会話しかしなくなった。

    「話をしたくないのかなと思う」(10代男性)と、避けられていると思うと敏感になり、話しかけるのを控えてしまうようです。「最近、話していないな」と思う男性がいたら、自分から話しかけてみると、男性もホッとするかもしれません。

  • 【6】今まで名前で呼ばれていたのに、名字で呼ばれるようになった。

    「親しい関係ではないと周りにもわかるように言ってる気が…」(20代男性)と、周りの他の男性と何か進展があったように感じるようです。呼び方を変えてみたくなったら、名前を名字に変えるより、あだ名をつけて呼ぶほうが親しみを感じてくれるでしょう。

  • 【7】飲み会などで前は隣に座ってくれたのに、わざわざ遠い席に座るようになった。

    「自分のことを嫌がっているのを、それとなく示されている気がする」(20代男性)と、傷ついているようです。もし気になる男性がいるのなら、飲み会などの席は、なるべく近くをキープすると誤解を避けられるでしょう。

  • 【8】今まではすぐに時間を作ってくれたのに、やたらと「忙しい」という言葉を口にするようになった。

    「断る理由がなくて、『忙しい』と言ってるだけに感じる」(30代男性)と、疑いの気持ちがわくようです。本当に忙しい場合は、「○○があるから」と具体的な理由を言うと、疑われずにすむかもしれません。

  • 【9】前は2人きりでデートしてくれたのに、遊ぶ約束をしてくれなくなった。

    「2人きりが嫌なんだと解釈する」(20代男性)と、自分に気がないと感じるようです。気になる男性とは積極的に2人で遊ぶようにし、「最初はいいなと思ってデートをしていたけど…」という男性につきまとわれるのが嫌だなと感じたら、なるべく2人で遊ぶのを避けると間接的に気づいてくれるでしょう。

他にも、男性から「避けられているかと思った」と誤解されたエピソードがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock