「跡取り息子を産んでね!」と期待する姑のうまいかわし方9パターン


子どもが結婚したら、孫の誕生を待ち望む親は多いことでしょう。「孫はまだか」とプレッシャーをかけてくるだけならまだしも、「孫は跡取りだから男の子!」と決めつけてかかる姑がいたら、心底うんざりしそうです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『跡取り息子を産んでね!』と期待する姑のうまいかわし方」をご紹介します。

  • 【1】「そうですね」と笑顔で受け流す

    「一応にこやかに対応しておく」(20代女性)というように、肯定も否定もせず、とりあえず「はいはい」と応じておけば、姑の気持ちも落ち着きそうです。もし「いや、私は女の子がいい」と思っていたとしても、口に出すと面倒なことになりそうなので、心の中にとどめておきましょう。

  • 【2】「頑張ります」と意欲だけは示しておく

    「『私たちも努力しているんですよ』と控えめにアピール…」(30代女性)など、前向きに取り組んでいることを伝えれば、姑も満足してくれそうです。「しばらくは、そっと見守っていてくださいね」と付け加えることで、それ以上は深追いしにくい雰囲気を作ることができるでしょう。

  • 【3】「こればっかりは、授かりものなので…」と真顔で答える

    「『男の子か女の子かは、私たちが決められるものでもないですし…』とやんわり反撃!」(20代女性)というように、もっともな正論を盾にすれば、姑も言い返せないでしょう。ただし、怒った口調ではなく、穏やかなトーンで主張したほうが、聞き入れてもらいやすそうです。

  • 【4】「コウノトリのご機嫌がどうでしょう」と言葉を濁す

    「『神様にお願いしておきますね』と煙に巻く」(30代女性)など、第三者にげたを預けてしまうのもひとつの手です。さらに「コウノトリってどんな鳥なんでしょう?」「産みわけにいい神社ってあるんでしょうか?」というように、ちょっと視点を変えた話題で逃げることもできそうです。

  • 【5】「どうすればいいんでしょうか」と逆に相談してみる

    「『そこまで言うなら、やり方を教えてほしい』と問い詰めたら、タジタジに(笑)」(20代女性)というように、「跡取り息子を必ず授かる方法」を尋ねてみるのもいいでしょう。「そんなこと聞かれても…」と姑が言葉に詰まるようなら、「そうですよね、私もわからなくって」と優しく助け舟を出して、いい嫁を演じましょう。

  • 【6】「すごいプレッシャーですね。あはは」と困ってみせる

    「『そう言われると胃がキリキリ痛くて』と辛そうにする」(30代女性)というように、姑の言葉が心身の負担になっているとほのめかすこともできそうです。「子どもを産むこと自体、怖くなってきました…」など、深刻な状況を伝えて、控えてもらえるように仕向けましょう。

  • 【7】「お義母さんったら、気が早いですよ」と軽くたしなめる

    「『生まれたときから跡取りに決め付けられるなんて、男の子は大変ですね』と驚いてみせる」(30代女性)など、さりげなく皮肉を返し、溜飲を下げるのもいいでしょう。ただし、「長男が跡を取るのが当然」という家風なら、反感を買いかねないので、余計なことは言わないほうがよさそうです。

  • 【8】「男の子でも女の子でも、かわいがっていただけるとうれしいです」とお願いする

    「『子どもが元気に生まれてきてくれるのが、一番だと思っています』と親としての願いを伝える」(30代女性)など、「性別は重要な問題ではない」と思っていることをやんわり告げてもいいでしょう。「お義母さんのご希望に添えるとうれしいですけど」と付け加えて、さっと話を終わらせましょう。

  • 【9】「お義母さんは、跡取りを産むよう期待されて、どうでした?」と姑に過去を振り返らせる

    「『お義母さんもプレッシャーをかけられたんですか?』と聞いてみる」(20代女性)など、かつて姑も同じ状況だったのか確認して、そのときの嫌な気持ちを思い出してもらうこともできるでしょう。姑の話をじっくり聞いてあげることで、少しは気分がよくなり、攻撃の手を弱めてくれるかもしれません。

ほかにも、「跡取り息子を!」と期待する姑のうまいかわし方があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock