子どもの「下ネタ」を見過ごせないときの賢い対処法9パターン


男児が放つ下ネタ…。「子どもだから仕方がない」とばかりは言っていられないので、できればきちんと状況を認識させて、軌道修正を促したいものです。そこで今回は、独自のアンケートを参考に、「子どもの『下ネタ』を見過ごせないときの賢い対処法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ママはそういうのキライ!」と、真顔で否定する

    「こちらが変に照れたりすると調子に乗るので、『かっこ悪い!』とバッサリ」(20代女性)というように、きちんとママの気持ちを伝えることで、下ネタの連発を諌めるやり方です。やわらかい口調では真剣さが伝わらないので、強い口調でハッキリと言い切るようにしましょう。

  • 【2】ムッとした顔で、何を言われても完全無視する

    「面白がって何度も言ってくるので、『ふーん、それで?』とスルー」(20代女性)というように、どんなに子どもが盛り上がっていても無言を貫き通せば、自然に熱が冷めることもあるでしょう。ただし電車のなかなど、公共の場では周囲の迷惑になってしまう恐れがあるので、悠長に構えずに注意したほうがよさそうです。

  • 【3】「うわっ、はずかしー」と、大げさに引いてみる

    「『仲間になりたくないから寄らないで!』とわざと距離を取ってみた」(20代女性)というように、さっと身を離してみせると子どもも急に不安になり、テンションが落ち着くこともあるようです。下ネタをやめたら、「これならぎゅうってしても大丈夫だね」と抱きしめてあげましょう。

  • 【4】「女の子に嫌われちゃうよ?」と、脅してみる

    「『えみちゃん、一緒に遊んでくれなくなるよ』と仲良しの女の子の名前を出したら、ピタリと止まりました」(20代女性)というように、「友達に嫌われたくない」という気持ちに訴える手もあります。「そういう話はパパとだけにしようね」などと、OKなタイミングを教えてあげてもいいでしょう。

  • 【5】「よそのママが変な顔してたよ」と、まわりに目を向けさせる

    「『お隣のおばあちゃんに聞かれちゃったよ!』と大げさに嘆いてみせたら、すぐにやめてくれました」(20代女性)というように、周囲に冷静な傍観者が存在することを認識させると、子どもなりに「恥ずかしい」という気持ちになることもあるようです。「誰に聞かれても楽しくなるお話をしようか!」と話題を変えるのもよいでしょう。

  • 【6】「ケーサツにタイホされるよ」と、社会のルールに言及する

    「『あ、お巡りさん! つかまっちゃうよ!』と脅したら、『ホントに!?』と周りをキョロキョロ…」(20代女性)というように、子どもにもわかりやすい「権威」の力を借りると、「悪いこと」という意識を持たせることができるかもしれません。おふざけモードが止まりかけたら、「ほら、きた!」などと笑顔で冗談めかしてしまいましょう。

  • 【7】「そういうのは、人がいないところでね」と、場をわきまえさせる

    「『ほら、ここには小さなお友達もいるんだから…』と諭したら、なんとなく納得したみたい」(20代女性)というように、悪ふざけしてはいけない場所があることを考えさせるのもよいでしょう。「小さい子のお手本になってあげなくちゃ」など、新たな役割を提案してあげるのもよさそうです。

  • 【8】「そんなこと言うヒーローいるかな?」と、我が身を振り返らせる

    「『それってカッコイイと思う?』と投げかけたら、ちょっと恥ずかしそうに首を振りました」(20代女性)というように、直接質問することで、自分自身を冷静に見つめ直させるのもよいでしょう。下ネタをやめたら、すかさず「おっ、カッコイイじゃん!」と持ち上げておきましょう。

  • 【9】「さて、しりとりでも始めようか」と、別の楽しい遊びに誘う

    「『晴れてきたから影ふみでもやっちゃう?』とけしかけたら、すっかり夢中に」(20代女性)というように、不意打ちでほかの遊びに誘いをかけると、下ネタへの執着があっさりなくなる場合もありそうです。指遊びやしりとりなど、静かな場所でもできる遊びのバリエーションを考えておくとよいかもしれません。

ほかにも、「こんなやり方で下ネタを諌めることができた」という対処法があれば教えてください。公共の場で思わず赤面、という事態を上手に避けることができるといいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock