「ランチしよう」とメールしたのに、ママ友から返信がないときの対応9パターン


まだ気心知れていないママ友を何かに誘うのは、勇気がいるものです。思い切ってランチのお誘いメールをしたものの、数日たっても返答がない場合、どんなリアクションをとればいいのか悩んでしまうでしょう。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『ランチしよう』とメールしたのに、ママ友から返信がないときの対応」をご紹介します。

  • 【1】相手がノリ気ではないかもしれないので、もう何もしない

    「しつこいと思われたくないから、放っておく」(20代女性)というように、ママ友関係においては、深追いしないほうが賢明だと考える人が多いようです。相手の反応がみえにくいメールで様子をうかがうよりは、次に顔を合わせたときに直接、「この前の件だけど…」と切り出したほうがいいかもしれません。

  • 【2】「何度もごめんね。よかったらランチしない?」と改めて聞いてみる

    「単に相手が忘れているだけかもしれないから、一度は確認する」(30代女性)というように、ママ友との関係が良好ならば、再度、ストレートに誘ってみるのもいいでしょう。問いただす言い回しではなく、「何度もごめんね」などと下手に出ると、相手もプレッシャーを感じにくくなりそうです。

  • 【3】「この前のメール、もしかして届いてない?」と探りを入れる

    「『最近、メールの調子が悪くて…』と控えめに切り出す」(30代女性)というように、こちら側に不手際があった可能性をにおわせつつ、反応をみることもできそうです。それでもリアクションがなければ、「去る者は追わず」の精神で、連絡は控えたほうがいいかもしれません。

  • 【4】「最近、忙しいかな?」と相手の状況を尋ねる

    「『体調でも崩してる? 大丈夫?』と心配していることを伝える」(20代女性)など、とりあえず様子を聞く内容にすることで、相手も応じやすくなりそうです。「もし困っていることがあれば、何でも相談してね」と親身な姿勢を示せば、ママ友も悪い気はしないでしょう。

  • 【5】「急に誘ってごめんね。都合つかなかったら、無理しなくていいよ」と気遣いを見せる

    「『また別の機会もあるし、無理のない範囲で検討してね』と軽いトーンにする」(30代女性)というように、ママ友が変に気負って反応しそびれているようなら、わざわざスケジュールを調整しなくてもいいと申し出るのもいいでしょう。一歩引いてみることで、相手も気軽に返信しやすくなるかもしれません。

  • 【6】「忙しそうだし、また誘うね」とあっさり幕を引く

    「ずっと受け身なのはつらいから、一週間待っても返事がなければ仕切りなおす」(20代女性)というように、宙ぶらりんな状態に耐えられないなら、こちらから収まりをつけると、気持ちもスッキリするでしょう。もしママ友がランチしたいと思ってくれているなら、慌てて連絡してくるかもしれません。

  • 【7】別の用件でメールを送り、最後に「よかったらランチでも行こうね」と添える

    「わざわざメールしたという感じではなくて、何かのついでを装ってもう一度誘ってみる」(30代女性)というように、ほかの用事に便乗する形でさらっと書いてしまう方法もあります。「ランチに行こう」と迫るのではなく、「行きたいね」と願望を述べるスタンスにすれば、気まずくならずに済みそうです。

  • 【8】「誘った日に用事が入りそうなので、お返事もらえると助かります」と早めの返事を促す

    「スケジュール調整を理由にすれば、さすがに返信してくれそう」(20代女性)というように、早く白黒つけたい場合は、ほかの予定をダシにするといいかもしれません。それでも無反応なら、あなたと親しくなるのをためらっているのかもしれないので、少し慎重に付き合ったほうがよさそうです。

  • 【9】「気が向いたときにでも、ランチに誘ってね」と相手に一任する

    「こっちから誘ってばかりだとフェアじゃないので、たまにはボールを向こうに預ける」(30代女性)というように、やきもきするのが嫌ならば、この先の進展を相手に委ねてしまえば気が楽になるでしょう。もし次に誘うなら、大勢でのランチ会などのほうがいいかもしれません。

ほかにも、「ランチしよう」とメールしたのに、ママ友から返信がないときのいい対応があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock