また合コンに誘いたくなる同僚女子の共通点9パターン


合コンに参加するうえでは、異性目線だけでなく、同性目線も重要です。みんなに好かれて、かつ自分も合コンを楽しむ秘訣は何なのでしょうか。『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、「また合コンに誘いたくなる同僚女子の共通点9パターン」をご紹介します。

  • 【1】サラダの取り分けより、話の盛り上げに注力する

    「料理の取り分けは誰にでもできる」(20代女性)という意見もあり、だからこそ自分の得意分野で場の空気を支える同性の姿が好ましいよう。あまり輪に入れていないメンバーへの気遣いができれば、さらにポイントアップしそうです。

  • 【2】割り勘になったときでも、快く財布を出す

    「合コンはおごられて当然、という態度は、同性でも引く」(20代女性)というように、たとえ割り勘でも「楽しかったね」と財布を開ける女性は、同性から見ても気持ちがいいもの。後々愚痴ったりしないよう注意しましょう。

  • 【3】たとえ直前まで仕事があっても、絶対に遅刻をしない

    「遅刻が多いと、たとえ仕事で仕方なくても次から誘うのをためらう」(20代女性)というように、自分との約束を守られないと誰でも嫌な気持ちがするものです。誘ってくれた人に敬意を払う意味でも、参加するからには約束をきっちり守るよう心がけましょう。

  • 【4】メールや着信よりも、会話を優先する

    「ケータイばかり見ている人がいると、場が盛り下がる」(20代女性)という意見からもわかるように、たとえつまらないと感じていても、態度に出さないのが大人のマナー。せめてケータイはバッグにしまって、必要以上に見ないようにしておきたいものです。

  • 【5】少しくらいの下ネタなら笑顔で対応する

    「下ネタへの態度で、今後も一緒に合コンができるかどうか見極める」(20代女性)なんて女性もいるほど、案外あなどれない話題といえそうです。ノリすぎず、引きすぎず、ほどよく楽しむくらいが無難といえるかもしれません。

  • 【6】一緒に参加した女性陣を上手にたてる

    「自分ばかりをアピールせず、周りの好感度アップにも貢献してくれる人は何度でも誘いたい」(20代女性)など、ほどよく同性をたてる人が重宝されるようです。しかしあまり褒めすぎてハードルをあげると、かえって本人の迷惑になりかねないので加減が必要かもしれません。

  • 【7】「楽しい」を連発して明るい雰囲気を作る

    「純粋に楽しんでいる姿は、誰から見ても好感がもてる」(20代女性)という意見からも、場を楽しもうと積極的な人ほど歓迎されやすいことがわかります。お客さんのつもりで、場の雰囲気にあぐらをかかないよう注意しましょう。

  • 【8】口が堅く、合コンで起きたことを他言しない

    「2次会で誰と誰が消えたなどと、他言しないのが最低限のルール」(20代女性)というように、信頼できる人物かどうかが重要な鍵になるといえそうです。その場を純粋に楽しんだら、周りのことは詮索しないようにしたほうが、信頼されるかもしれません。

  • 【9】話題に参加できていない男性にも積極的に声をかける

    「誰も声をかけたがらない人に話しかける女性は、男女問わず好かれやすい」(20代女性)という意見もあります。自分の都合より、人への思いやりを優先できることが好感度アップにつながるようです。好きな異性にばかり話しかける前に、全体の空気を察することが大切ではないでしょうか。

みなさんにとって「また合コンに誘いたくなる同僚女子の共通点」は何でしょうか? ぜひ意見を聞かせてください。(持丸未来)
Photo:All images by iStock