「この義母とはもう無理…」と辛くなったとき、上手に割り切るための思考法9パターン


多くの嫁にとって、「姑」とは、世界で一番難しいお相手でしょう。たとえどんなに苦手だと思っても、嫁という立場上、うまく付き合っていくしかありません。そこで今回は、独自のアンケート結果を参考に「『この義母とはもう無理…』と辛くなったとき、上手に割り切るための思考法」をご紹介します。

  • 【1】「そもそも他人だから仕方がない」とあきらめる

    「『嫁と姑が実の親子みたいにわかりあえるなんてありえないし、こんなもんだよね』と大きく構える」(20代女性)というように、辛いと感じている姑との関係を受け入れてしまえば、気が楽になりそうです。愚痴をこぼし合える友人を見つけて、たまにはガス抜きするといいでしょう。

  • 【2】「愛する夫の母だから…」と自分に言い聞かせる

    「『一言多くてイラっとさせられるけど、旦那には世界でたったひとりの母だしね…』と多少のことには目をつぶる」(30代女性)というように、「夫がいるのは姑のおかげ」と考えれば、少しはブルーな気分から抜け出せるでしょう。「素敵な息子を私に取られて、さみしいのね」ととらえることで、いたわりの気持ちが芽生えるかもしれません。

  • 【3】「無理してうまくやっていかなくてもいい」と肩の力を抜く

    「『絶縁とか極端なことがなければ、多少の亀裂が入っても構わない』と覚悟する」(30代女性)というように、完璧な嫁になろうとせず、マイペースを貫くのもいいでしょう。できないことを考え出すときりがないので、できていることを見直して、自分で自分を褒めてあげましょう。

  • 【4】「孫のことはかわいがってくれるし」といいところを探す

    「『お米や野菜はたくさん送ってくれるしなあ…』としてもらったことを思い返す」(20代女性)というように、姑のよい面に注目するのもひとつの手です。どうしても思いつかなければ、相手を「最高の反面教師」ととらえることで、もっと冷静に接することができるかもしれません。

  • 【5】「年寄りから先に逝く…」と残りの年数をカウントする

    「密かに『あとン十年だけの関係』と我慢する」(30代女性)というように、嫁姑の関係は終わりがあると気づくことで、希望の光を見いだせる人もいるでしょう。「それまでの間だから」と思えば、いい嫁を演じるのも、さほど苦痛ではなくなるかもしれません。

  • 【6】「頑張ってる自分にプレゼント」とご褒美を決める

    「姑ともめたあとは友達を誘ってケーキバイキングへ。甘いものでダメージを回復しちゃいます(笑)」(20代女性)というように、好きなモノで心を満たす方法もあるでしょう。「終わったらエステで自分をいたわる」などと決めておけば、気乗りしない帰省もどうにか乗り越えられそうです。

  • 【7】「夫は私の味方だし」と救いを見つける

    「『同居じゃないだけでもマシ』と心を落ち着ける」(30代女性)というように、自分のケースが最悪ではないとわかれば、沈みがちな気持ちをコントロールできそうです。「たとえ姑が私のことを気に入らなくても、夫も子どもも友達も味方」などと心で唱えて、スパッと気持ちを切り替えましょう。

  • 【8】「姑との付き合いは仕事」と割り切る

    「夫は外で働くのが仕事で、私は姑と付き合うのが務めだと思い込む」(30代女性)というように、「どうして私だけ…」などとじめじめ考えず、ドライに踏ん切りをつける人もいます。あなたが暗い顔をしていると子どもにも悪影響が出るので、「大切な家族のため」と思えば、嫌なことも水に流せそうです。

  • 【9】「好きな趣味に没頭しよう」と深く考えない

    「フラダンスをしているうちにスッキリ!」(20代女性)というように、とりあえず姑との問題は横に置いておき、自分の好きなことを楽しんでみるとリフレッシュできるかもしれません。ホルモンバランスの関係で、女性には気持ちの沈みやすい日もあるので、深く考えすぎないように心がけましょう。

ほかにも、苦手な姑と割り切って付き合うための思考法があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock