彼からの急な誘いで女子会をドタキャンしたい時の「とっさの言い訳」8パターン


同じ課の定例女子会の日、急なデートの誘いに、葛藤がありつつ彼氏を優先した経験はありませんか? 一度ならまだしも、それがたび重なると同僚からの信頼を失うかもしれません。そこで『オトメスゴレン』会員の声から、デートだとバレずにドタキャンする言い訳をご紹介します。

  • 【1】「親友が大失恋して側にいないと何をしでかすか…」と、脅す

    「みんなビビって即帰宅を許されます(笑)」(20代女性)というように、最悪の事態をにおわせハラハラさせるパターンです。同日の夜遅くにでも「友達も落ち着きを取り戻しました。ありがとう」とメンバーにメールをするなど、安心させてあげる一言があるとよいでしょう。

  • 【2】「祖父が体調不良で…」と、ツッコミづらい内容を理由にする

    「気を使って理由を深く聞いてこない!」(20代女性)というように、家庭の事情を持ち出し、深く掘り下げさせないパターンです。「その件で兄弟が急遽うちにくることになったから」などと言い、すぐ帰宅しなくてはならないことをアピールしてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】「胃が痛いから病院に行った後、参加する」と言い、そのままドクターストップを宣言

    「医者の言うことなら疑いようもないでしょ(笑)」(20代女性)というように、医者の診断付き体調不良を理由にするパターンです。翌日のランチは、控えめにしたり、胃に優しそうなものを選んだり、アフターケアもしっかりすれば、信憑性が増すでしょう。

  • 【4】「急遽、親戚の子どもを預かることになっちゃって」と、自分には非のないことを強調

    「子ども相手に文句言う人はいない」(20代女性)というように、断りづらい不可抗力を理由にしたパターンです。「すっごく行きたかったのにー」と参加への意志が強かったことを訴えれば、「かわいそう」と同情すらもらえるかもしれません。

  • 【5】「ペットの具合いが悪く放っておけない」と、即帰宅しないと危ないムードを漂わす

    「預けているペットショップから緊急連絡が入ったことにする」(20代女性)というように、一刻の猶予も許されない状況をかもし出すパターンです。ただ事ではない雰囲気に周囲も「行くな」とは言えないでしょう。

  • 【6】「地方から急に友人が来て、ディナーに誘われ断れない」と、納得せざるをえない理由を提示

    「明日には戻ってしまう、っていう設定が効く!」(20代女性)というように、「今日しかない」ことを強調するパターンです。「これを逃したら次いつ会えるか分からない」と訴えれば、快く送り出してくれるでしょう。

  • 【7】「友達が風邪をこじらせて動けないので看病に行きたい」と、他人の病気を偽装

    「『動けない』っていうのがポイント」(20代女性)というように、「症状がすごく重い」と思わせ、引き止めるのを躊躇させるパターンです。「以前、自分の体調が悪い時によくしてもらったから」など、恩があることを伝えると、「義理堅い子だな」と印象がよくなるかもしれません。

  • 【8】「先日の門限破りで親が激怒し、今日は早く帰らないといけない」と、恐い親を盾にする

    「『今日、早く帰らないと勘当』って言われたと伝えたら、みんなあせってた(笑)」(10代女性)というように、厳格な両親をこれ以上怒らせたらヤバいと思わせるパターンです。「こんなに早いのは今日だけ」としておかないと、「アフター5に誘いづらい人」という肩書きを付けられてしまうかもしれないので注意しましょう。

彼からの急な誘いで女子会をドタキャンしたい時のとっさの言い訳には、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock