ランチでドン引き!恋愛対象外と判断する同僚女性の行動9パターン


同僚男子とランチに出かけた際にガッカリされてしまい、恋愛対象外に認定されたばかりか、合コンにも誘われなくなってしまう…なんて事態は避けたいものです。そこで『スゴレン』読者に、「ランチ時に引いてしまったOLの行動」についての本音を聞いてみました。そこから見えてきた、避けたほうが無難なNG行動をご紹介します。

  • 【1】「そういえばさー、もぐもぐ」と口にモノを入れながら話す

    「話に夢中になるのはいいけれど、食べながら話すのはちょっと…」(20代男性)というように、基本的な食事マナーは押さえておきたいポイントです。口に入れる量を少なめにすると、会話のタイミングを損なわずに、食事を飲み込んでから話すことができるでしょう。

  • 【2】「ピーマン嫌ーい、お肉もダメ」と好き嫌いが激しすぎて、メニューがなかなか決められない

    「貴重なランチタイムがどんどん浪費されるので、イライラします」(20代男性)と、優柔不断な態度や多すぎる好き嫌いもポイントを下げてしまうようです。苦手なものは「辛い物は避けてくれる?」「麺類じゃないほうが嬉しいな」とお店選びの前に告げておくか、メニューになじみのある行きつけの店に行くとスムーズでしょう。

  • 【3】「ウコンとかないかしら」と二日酔いで、会話も盛り上がらない

    「具合悪そうで食も進まないし、こっちまで気分が悪くなりました」(30代男性)のように、女性の二日酔いに冷ややかな目線を送る男性も存在しました。二日酔いなのに男性と同席しなければならなかったときは、定食系は避けてさっぱり系のサラダセットや麺類などを頼む、といった予防策をとるといいかもしれません。

  • 【4】「これ、おいしくなーい」と料理に文句をつけてばかり

    「おいしくないと言われると、こっちまでマズくなってきちゃいます」(20代男性)のように、食事に対してのネガティブ発言も、相手を嫌な気分にさせるNG行動のようです。料理の不満は店では言わずに、出た後で「○○くんの食べたヤツ、どうだった?」と相手の反応を探ってからカミングアウトするといいでしょう。

  • 【5】「なんか食欲ないわ」と料理をつつき回した挙げ句にほとんど残す

    「個人的に、いっぱい食べる女子のほうが好きなので」(20代男性)と、せっかくのお料理をたくさん残してしまうのは残念という声も寄せられました。あまり食欲のないときなどは、ボリュームがありそうなメニューは避けたほうがいいかもしれません。

  • 【6】店員に「注文まだ? おせーよ!」と横柄にクレームをつける

    「店員さんにエラそうな態度をとる女性は、オバサンに見えてきます」(30代男性)と、客の立場をカサにきる態度はマイナスのようです。心をより広く持つようにし、店側が忘れている場合などは「注文、まだ聞いてもらっていないんです」と優しく指摘するようにしましょう。

  • 【7】「聞いてよ、部長ったら…」と職場のグチばかりこぼす

    「そもそも、仕事の話をランチタイムにしたくない」(20代男性)という男性も存在するので、職場のグチを並べるのは控えたほうがいいでしょう。相談事やどうしてもこぼしたいグチがあるなら、「仕事の相談、乗ってくれる?」と最初に断っておくと、相手の心構えもできてスムーズです。

  • 【8】「やだー、○○くんったら」と、周囲の客が振り返るほど声が大きい

    「全体的に空気が読めない女性なんだな、と思ってしまいます」(20代男性)と、大きすぎる声や音を立てる女性も敬遠されてしまうようです。ボリュームが気になる人は、普段から少し気をつけてみつつ、女友だちと出かけた際などに「私今、目立ってた?」と確認してみるといいかもしれません。

  • 【9】「昨日、彼がこんなこと言ってきて」などと、自分の話ばかりする

    「ランチ時に恋バナばかりされても。ひどい時は、下ネタを言われて本当に引きました」(20代男性)のように、彼の話ばかりするのも相手を興ざめさせてしまうようです。恋バナがしたければ、「最近、彼女とはどう?」と、相手の話も聞きながら話すようにするといいでしょう。

同僚男子とのランチタイムで引かれてしまう言動には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock