お局様認定されない素敵女子の振る舞い9パターン


職場における「目の上のたんこぶ」といえば、お局様でしょう。自分だけは「お局化」とは無縁だと思っているかもしれませんが、若くても「お局様認定」されてしまう人もいるようです。一方、いくつになっても「あの人って素敵」と、憧れの存在でい続ける人もいます。やはり、目の上のたんこぶにはなりたくないものですよね。そこで、『スゴレン』と『オトメスゴレン』の会員読者の声をもとに、「お局様認定」されない素敵女子の振る舞いをご紹介します。

  • 【1】相手の性別や役職で態度を変えず、丁寧な応対をする

    「誰にでも平等に接する姿は好感度大」(20代男性)というように、人を肩書きなどで判断しない公平な振る舞いは、ポイントが高いようです。頼みごとをするときなどは、相手がたとえ後輩であっても丁寧な言葉遣いでお願いすることで、いくつになっても偉ぶらない素敵な女性だと思ってもらえるでしょう。

  • 【2】生理や体調不良でも周囲が気づかないほど、笑顔で仕事にあたる

    「いつでも笑顔の女性は、やっぱり素敵」(20代男性)というように、笑顔で応対されて気分が悪いという人はいないはずです。誰に対しても笑顔で対応することを心がければ、「お局様」のレッテルとは無縁でいられるかもしれません。

  • 【3】悪口には便乗せず、他人のことはまず肯定する

    「人として、信頼できると感じる」(20代女性)というように、裏表のない、ポジティブな振る舞いは好印象を与えるようです。悪口はもちろん、重箱の隅をつつくような嫌味などはお局様化の始まりと心得え、後輩のいいところを口に出して褒めてあげるようにするといいかもしれません。

  • 【4】仕事がなければさっさと帰宅し、後輩も帰りやすい環境を作る

    「時間内に仕事を処理して、アフターファイブを満喫している姿がカッコイイ!」(20代女性)というように、公私の切り替えがしっかりしている人は「魅力的な女性」と映るようです。なかには楽な仕事を定時以降にダラダラとやって、残業代を稼いでいるお局様がいるとの声もありました。会社に無駄に居座らないよう、心がけるのもいいかもしれません。

  • 【5】後輩が残業をしている時などは積極的に声をかけて手伝う

    「困っていても見て見ぬふりのお局様と違って、様子を察して声をかけてくれるのが、ありがたい」(10代女性)というように、気遣いが出来るか否かで評価が変わってきそうです。就業時間の1時間前くらいから、周囲の進捗にも気を配り、仕事がたまっている人のフォローをするなど、気配りをする姿は、好感をもたれやすいようです。

  • 【6】後輩がミスしてもヒステリックにならず、失敗の原因を優しく諭す

    「ミスの原因を理解するまで根気よくつき合ってくれて、感動した」(20代女性)というように、たとえ腹が立ってもグッと堪え、理性的な態度を取ることで、あなたの株は上がりそうです。失敗や間違いは、誰にだってあるもの。後輩が同じ間違いを二度としないためにはどうしたらいいか、一緒に考えるようにするとよさそうです。

  • 【7】面倒な仕事も他人任せにせず、率先して処理にあたる

    「お局様は、面倒な仕事はすぐに後輩に丸投げするけど、素敵な先輩は自分でこなしちゃう」(20代女性)というように、仕事ぶりに憧れるという声もありました。万が一、厄介ごとを他人に頼まなければならないときは、手順の説明などを詳しくしたうえで引き継ぐと親切な先輩だと思ってもらえそうです。

  • 【8】必要以上に後輩と群れず、一人ランチもスマートにできる

    「お局様とのランチは気が抜けない…」(20代女性)というように、どんなに仲がよくても、毎日のようにつるむのは避けたほうがよさそうです。後輩が羽を伸ばす時間も、意図的に作ってあげるといいようです。

  • 【9】自分に非があるときは、誰に対しても素直に謝る

    「年齢を重ねれば重ねるほど言えなくなることだと思うから」(20代男性)というように、謝罪の言葉をすぐに言える女性は、評価が高いようです。職場のボスであるお局様は、たとえ自分に非があっても認めず、正当化する人も多そうです。自分がミスしたときは、どんなに親しい間柄でも、謙虚に謝るようにしましょう。

普段のなにげない行動にお局様と素敵女子の境界線はありそうです。このほかにも、「お局様認定」されない素敵女子の振る舞いがありますでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(大竹康予)
Photo:All images by iStock