「家事はおまえの仕事だろ!」と言い切る夫に、考えを改めさせる一言9パターン


「家事は女の仕事」と考える男性はまだまだ多いようです。では、そんな夫の価値観に揺さぶりをかけ、少しでも手伝ってもらうためにはどうしたらよいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『家事はおまえの仕事だろ!』と言い切る夫に、考えを改めさせる一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「なんでそう思うの?」と聞いて、考え方をすり合わせる

    「『どうして?』と聞き返し、家事分担について徹底的に話し合うことに…」(20代女性)というように、相互の認識の違いを冷静に見つめ直すパターンです。熱くならないで、どこまでなら譲歩できるのか、納得のいく着地点を模索しましょう。

  • 【2】「あなたは夫じゃなくて雇い主なの?」と、言い方のひどさを指摘する

    「『私はあなたの部下じゃないの』と涙目で応酬…」(30代女性)というように、自分がどんなにキツいことを言っているか、夫に思い知らせる一言です。「私はあなたに稼ぎだけを求めたりしないよ」と逆の立場で諭してみてもよいかもしれません。

  • 【3】「ゆっくりする時間さえないんだよ?」と、家事の大変さを訴える

    「『私がお皿を洗っている間も、あなたはずっとテレビ見てるじゃない』と指摘」(20代女性)というように、休めない家事の苦労を訴える手もあります。「洗濯物でも畳んでくれたら、助かるんだけどな」と、流れよくおねだりしてみましょう。

  • 【4】「一緒にやったら、二人でゆっくりできるよ」と、共同作業を提案する

    「『終わったらDVD観よう』と餌をぶら下げて『その前にちょっと手伝ってくれる?』と誘導します」(20代女性)など、ご褒美を用意しておく女性もいるようです。「さっさとやっちゃおう」とけしかければ、夫が言い訳を考える暇もなさそうです。

  • 【5】「家事はあなたに手伝ってもらって、私も働こうかな?」と主婦卒業を宣言する

    「『今は子どもが小さくて無理だけど、いずれ私だって働くよ』とキッパリ」(20代女性)というように、現状に甘える夫に釘をさす方法もあります。「家事も育児も私に押し付けて、『働くな』なんて言わないよね?」など、くすぶる思いをぶちまけてやりましょう。

  • 【6】「家事だけが望みなら家政婦がいればいいじゃない」と、離婚をほのめかす

    「『必要なのは家政婦だよね。離婚して、雇用契約でも結ぶ?』とひと睨み」(30代女性)というように、ひどい扱いには「離婚」をちらつかせてみましょう。「世話してくれる女がほしいから結婚したの?」と強く反省を促してもよいかもしれません。

  • 【7】「私に何かあったら『できない』じゃすまないよ」と、軽く脅してみる

    「『一人になったら、どうやって生活するの?』と冷静に反論」(30代女性)というように、万一の場合を想像してもらうパターンです。「明日私が事故に巻き込まれたら、ご飯も、掃除や洗濯も、誰もやってくれないよ」と具体的に話せば、夫も無視できないでしょう。

  • 【8】「この家も二人の生活も、一緒に守るものでしょ?」と、穏やかに諭す

    「『助け合うから夫婦でしょ?』と聞いてみました」(20代女性)というように、夫婦の関係について問いかけ、考えてもらうのもよいでしょう。「仕事も家事も、ちゃんと分担できないなら、共同生活は難しいよね」と迫ることで、夫も少しは考え直してくれるかもしれません。

  • 【9】「じゃあ、給料ちょうだい!」と、仕事の対価を要求する

    「『仕事なら給料があるはずだよね』とはっきり言い返す」(20代女性)というように、当然の報酬を求められると反論が難しいようです。「俺が稼いだ金だ」と上から目線の夫には、「半分は私のサポート分」と開き直って対応しましょう。

ほかにも、「こんな台詞で、夫の態度が変わった」という一言があれば教えてください。夫婦で協力し合い、忙しい毎日を乗り切っていけるといいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock