「ワイシャツには自分でアイロンを!」を夫に受け入れさせる賢い言い方9パターン


家事のなかでも、特にアイロンがけについては、「とにかく苦手」「面倒だから嫌い」という人が多いのではないでしょうか。イライラしながら引き受けるより、いっそ自分のワイシャツだけでもキレイにしてもらうよう、夫に交渉するのも悪くなさそうです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『ワイシャツには自分でアイロンを!』を夫に受け入れさせる賢い言い方」をご紹介します。

  • 【1】「あなたの分だけでいいから、お願いできるかな?」と「自分のこと」を強調する

    「『ごめん、セルフサービスってことで』と言ったら、すんなりやってくれた!」(30代女性)というように、「自分のことは自分で」とさらりと頼めば、夫も断りにくくなるようです。「あとは私がやるね」と笑顔で告げて、協力体制を組むように仕向けましょう。

  • 【2】「お疲れのところ申し訳ないけど…」と低姿勢でお願いする

    「『あのー、もしよかったらお願いしたいんだけど…』と下手に出る」(20代女性)というように、相手を気遣いながら話を切り出すと、夫も気持ちよく応じてくれるかもしれません。「何で私がへつらわなきゃいけないの?」などと思わず、夫を手のひらで転がすつもりで演じ切りましょう。

  • 【3】「私がご飯を作る間に、済ませてくれる?」と自分も忙しいことを伝える

    「『今から夕食の買い物に行くから、アイロンだけでもお願い!』と頼む」(30代女性)というように、自分がラクをするというよりも、「ほかの家事があるから、やってほしい」というニュアンスで伝えるのもいいでしょう。夫がボーっとテレビを見ているときなど、タイミングを見計らって使いましょう。

  • 【4】「私、どうしてもアイロンだけは苦手で…」と苦しい胸の内を打ち明ける

    「『結婚までやったことなかったから、慣れないのよね』と辛そうにする」(30代女性)というように、アイロンがけが大きな負担になっていることを正直に告白するのもひとつの手です。「ダメ嫁でごめんね」と自虐的に話せば、夫も「僕がやるよ」と言ってくれるかもしれません。

  • 【5】「あなたのほうが器用だから!」と笑顔でおだてる

    「夫は褒めてのばすに限る(笑)」(20代女性)というように、思いっきり持ち上げれば、上機嫌でその気になってくれる可能性もあるでしょう。「掃除機をかけるのもあなたのほうがキレイになるし」というように、具体例を出すと、スムーズに事が運ぶかもしれません。

  • 【6】「洗って干すところまではやるから、アイロンは自分で」と分担を提案する

    「『これだけやってくれたら、すごく助かるわ』と明るくヘルプを要請」(20代女性)というように、洗濯からアイロンまでの流れのなかで、アイロン部分だけを頼めば、夫も「それならできそう」と思ってくれるかもしれません。もしくは「干す係とどっちがいい?」と2択で迫り、しぶしぶでも何か引き受けてもらいましょう。

  • 【7】「独身のときはどうしてたの?」と自然にやってみてもらう

    「『上手なやり方がイマイチわからなくって…』と指導をあおぐ」(20代女性)というように、できないフリをして、夫に実演してもらうのもよさそうです。夫の手つきを見て、大げさに「すごい!」と褒めたたえ、「これからもしてもらえるとうれしいな」とかわいくお願いしてみましょう。

  • 【8】「クリーニングに出す? でも、お金がもったいないよね…」と悩んでみせる

    「『1枚200円なら、1か月4,000円以上だよ!』と驚いてみせる」(30代女性)というように、お金の話を出せば、クリーニング代惜しさに「じゃあ、おれがかける」と応じるかもしれません。または「アイロンをしてくれたら1枚50円」などと報酬を決め、夫のお手伝いにしてしまうのもよさそうです。

  • 【9】「自分でアイロンかけてるって言ったら、一目置かれるよ」とまわりの評価を持ち出す

    「『家事がデキる男の人って、女の子ウケいいよね』と気を引く」(20代女性)というように、男として好感度が上がることを知らせる手もあります。「私も鼻が高いわ」とテンション高く言えば、「そうかな」とまんざらでもない返事を引き出せるかもしれません。

ほかにも、「ワイシャツには自分でアイロンを!」を夫に受け入れさせるセリフがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock