「働く俺に感謝してないの?」と、夫を落胆させる妻の態度9パターン


家族のために身を粉にして働く夫への感謝を忘れて、つれない態度をとってはいないでしょうか? 夫に気持ちよく働いてもらうためにも、普段の何気ない態度にこそ、注意を払いたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『働く俺に感謝してないの?』と、夫を落胆させる妻の態度9パターン」をご紹介します。

  • 【1】渡された給与明細を見て、興味なさそうに放置する

    「給料が振り込まれた通帳を、無言で机の上にポイッ。ヤル気なくすなあ…」(20代男性)というように、一カ月の努力の成果を軽く扱う態度は、夫の仕事に対する意欲をそいでしまうかもしれません。給与振込を確認した日には、「今月もお疲れ様」などと労をねぎらう一言を忘れないようにしましょう。

  • 【2】「会社の飲み会のため」というお金の要求に、露骨に嫌な顔をする

    「お世話になった先輩の送別会なのに、『なんでそんなに高い店なの?』と文句タラタラ…」(20代男性)というように、物事をお金でしか考えられないようでは、夫婦の関係も冷めてしまうかもしれません。外で働く夫の立場を尊重するなら、人付き合いのための出費には多少は目をつぶったほうがいいでしょう。

  • 【3】せっかくの休日に、夫を放置して友達と遊びに行く

    「『友達と買い物!』と嬉しそうに出かけたけど、久々の週末なのに俺は放置なわけ?」(20代男性)というように、二人で過ごせるはずの休日に自分だけ外出を繰り返していると、夫への気持ちを疑われても仕方がありません。自分の用事ばかり優先せず、夫との時間も大切にしましょう。

  • 【4】「お小遣い増やして」と夫に言われ、「無理!」と即答する

    「自分は服とか買ってるくせに、俺の取り分は『減らせない?』ときたか…」(20代男性)というように、家計がひっ迫した状況でもないのに、夫の裁量で使えるお金に影響が出るようでは、家計管理能力を疑われるかもしれません。小遣いの金額などは双方の合意が得られるまでとことん話し合いましょう。

  • 【5】「家計が苦しくて…」と、夫の顔を見ては愚痴をこぼす

    「毎日のように『なんで給料が上がらないのよ』とブツブツ…。もうウンザリ」(20代男性)というように、すぐには解決のしようがないことをしつこく言い続けるのも、夫の気分を害するだけでしょう。後ろ向きに嘆くより、節約できるところはないかなど、冷静に検討したほうがよさそうです。

  • 【6】「新しい靴を買いたいんだけど」という夫に、「ホントにいるの?」と念を押す

    「靴底がすり減ってしまったので買い換えたいというと、『まだ使えそうじゃん』とバッサリ。俺って贅沢?」(20代男性)というように、必要なものにまで財布のひもを締めるようでは、夫に惨めな思いをさせかねません。靴やかばんなど長く使うアイテムであれば、いい品物を選ぶことで、かえって節約になる場合もあるでしょう。

  • 【7】「今日は外食でもするか!」という夫に、「ファストフードなら大丈夫だけど」とそっけない

    「外食に誘ったら、『うどんくらいにしてね』とケチケチ。たまには奮発してもいいんじゃない?」(20代男性)というように、倹約ばかりで楽しみがなければ、働くことに張り合いを感じられない男性もいるようです。「月に1度はリッチな外食」など、家計の許す範囲で、贅沢気分を楽しむ余裕も必要かもしれません。

  • 【8】給料日だけ、不自然なほど「パパのおかげで…」を連発する

    「いつもは積極的には話しかけてこないのに、給料日だけ妙にすり寄ってくるのが気持ち悪い…」(20代男性)というように、お金に対する露骨なアピールは、夫にとっては不快なものでしかないようです。感謝の気持ちは、普段から折にふれて伝えるようにしておきましょう。

  • 【9】「もうちょっとお金があれば、海外に行けたのに…」と国内旅行に不満を漏らす

    「頑張って温泉旅行を決めたのに、『ハワイがよかった!』とポツリ。もうやめようかと思った」(20代男性)というように、ないものねだりも度を越えると夫の怒りを買いかねません。目の前の幸せに感謝する謙虚な心を忘れないようにしましょう。

ほかにも、「こんな態度で夫を落胆させてしまった」というエピソードがあれば教えてください。夫が愛情をバネに仕事に打ち込めるように、普段から何気ない心遣いができるといいですね。(西村祥子)
Photo:All images by iStock