飲み会後、恋愛対象外であるブサメンの先輩から「二人で飲み直さない?」と誘われたときの断り方9パターン


会社の飲み会で、一次会が終わったのでさっさと帰ろうとしたところ、まったく好みではない先輩から、「二人きりで飲み直さないか」とのお誘い。できれば、角が立たないように断りたいと思った時に、どのようなセリフが効果的なのか悩むところです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者に「恋愛対象外であるブサメンの先輩から、二人で飲み直そうと誘われたときの断り方」を聞いてみました。

  • 【1】「変な噂がたったら困るじゃないですかー」と、おちゃらけて断る

    「こういうとき、マジな対応はしないに限る」(20代女性)というように、取り合わずに受け流すという意見が多く見られました。たとえ鈍い女だと思われても、誘い文句を冗談としてかわしつづけ、それでもしつこいようならば「これからもいい仕事仲間でいたいです」と、やんわり脈がないことを伝えるのがいいかもしれません。

  • 【2】「酔っぱらっちゃって、気分が悪いです…」と、体調の限界を理由にする

    「具合が悪いと言えば、さすがに諦める」(20代女性)というように、定番の体調不良を理由にするパターンです。「飲み会では、盛り上げなきゃって頑張っていたのですが、そろそろ限界みたいです…」と弱々しい表情を浮かべるなど、体調不良を相手に納得させるためにも、演技力が求められそうです。

  • 【3】「両親がでかけていて、愛犬の世話をしなきゃならないんです」とペットを理由に断る

    「ペットがおなかをすかせて、私の帰りを待ってるので…と言って、乗り切ります」(20代女性)というように、「動物が理由なら仕方ない」と、理解を得られやすいようです。また、日頃からペットの写真を職場の人に見せびらかすなど、溺愛ぶりをアピールしておくといいでしょう。

  • 【4】「今夜は自宅でやらなければいけないことがあるんです」と、自宅で作業すべきことがあると伝える

    「資格教室や英会話教室は断る理由に最適」(20代女性)というように、相手に有無を言わせず断るパターンです。スキルアップのために通っている資格教室の課題といえば、さすがに引き止められないでしょう。

  • 【5】「近くまで父が迎えに来てくれてるんです」と、過保護な父親の存在をアピールする

    「父親というフレーズは効き目あり!」(20代女性)というように、父親を理由に誘いを断るのも有効なようです。「父ったら心配性で…」と育ちの良さを見せつつ、その場から立ち去れば、悪印象はもたれなさそうです。

  • 【6】「このあと友達から呼び出されてるので」と、友人との約束を理由にする

    「先約があるならしょうがないと、納得してくれる」(20代女性)というように、ほかの人との約束を理由に断るという意見も多くありました。「高校時代からの親友が、失恋したみたいで…」など、どうしても友人の元に駆けつけなければならない理由を説明すると、説得力が増すでしょう。

  • 【7】「○○さんと今から飲みにいくんです」と女性の先輩との優先すべき約束を理由にする

    「お局様との予定があると言うと、たいていそれ以上は言ってこなくなる」(20代女性)というように、彼が苦手な年上女性を持ち出すという人もいました。実際に予定はなくとも、あなたとお局様が駅まで一緒に歩く様子を見せれば、納得するでしょう。

  • 【8】「大好きなタレントが出るテレビが始まる前に帰りたいので!」とサラリと流す

    「勢いよく言うのが肝です」(20代女性)というように、先輩との飲みよりもテレビが優先なのは当たり前、という空気を作ることがポイントのようです。「ビックリされるかもしれませんが、実は…」と、前置きをすることで、相手の理解を得やすいかもしれません。

  • 【9】「母が風邪を引いているので、少しでも早く帰りたいんです」と病人のケアを理由にする

    「相手もさすがに強く出られない」(20代女性)というように、「家族が病気」であることを理由とするのは、断り文句の定番です。「実は昨夜から母が39度近い熱を出していて…」など、具体的な日付や症状を会話に盛り込むと信じてもらえそうです。

役に立ちそうな振る舞いはありましたか? 先輩からのお誘いは、どのような内容であれ断りにくいものです。今回、紹介したもの以外にも、効果的な断り方があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(大竹康予)
Photo:All images by iStock