飲み会で、職場のイケメン先輩社員をドン引きさせてしまった振る舞い9パターン


参加した職場の飲み会で、部内でも評判のイケメン先輩社員と隣同士に。お近づきになろうと、積極的にアピールしたところ、かえって相手を引かせてしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』の読者にとったアンケートをもとに、「飲み会で、職場のイケメン先輩社員をドン引きさせてしまった振る舞い9パターン」をご紹介します。

  • 【1】必要以上にボディタッチをしてしまった

    「あれ以来、距離が近づくどころか必要以上に避けられてる…」(20代女性)というように、相手を警戒させる振る舞いと言えるでしょう。もしも、先輩に避けられていると感じたら、「先日はご迷惑をおかけしました。実は私、○○フェチでつい…」など、触れたことに深い意味はないことを説明するといいでしょう。

  • 【2】調子にのって、お酒を飲ませすぎてしまった

    「醜態をさらさせてしまったのがまずかったみたい」(20代女性)というように、泥酔するまで飲ませたことで、相手のプライドが傷ついたのかもしれません。もしも飲ませすぎてしまったときは途中で水を用意するなど、相手を介抱してあげれば好感を持たれそうです。

  • 【3】飲みすぎて、先輩の上着にリバースしてしまった

    「思い出すだけでも恥ずかしい…!」(20代女性)というように、自分の限界がわからず失態をさらしてしまったパターンです。飲みっぷりの良さをアピールするのはいいですが、体調不良になっては場の雰囲気も台無しです。自分も周囲も「楽しいお酒」を心がけましょう。

  • 【4】マニアックな趣味の話を熱弁してしまった

    「あれからすっかり変な子扱い…」(20代女性)というように、空気が読めない子というレッテルを貼られてしまったという声もありました。「週末は何をされているんですか?」など、まずは先輩の趣味を引き出すような流れを作るのがよさそうです。

  • 【5】先輩のプライベートに切り込みすぎてしまった

    「どうやら社内恋愛中で、突っ込まれたくなかったみたい」(20代女性)というように、どこに地雷が埋まっているかわかりません。プライベートについて聞きたいときは、「先輩ってミステリアスですよね。私生活はどんな感じなんだろうねって女子の間で話題ですよ」など、みんなが知りたがっていることを強調するといいかもしれません。

  • 【6】勢いあまって先輩との会話がタメ口になってしまった

    「調子に乗るなと不機嫌になった」(20代女性)というように、仲良くなりたいあまりの行き過ぎた行動です。もしも、タメ口で話してしまったときは即座に「すみません! お酒のせいで完全に気がゆるんでしまいました…!」と、過剰なまでに謝ることで穏便にすませられるかもしれません。

  • 【7】先輩のグラスについた水滴をふき取り、水商売のバイト経験を疑われてしまった

    「翌日から部内で噂になって困った」(20代女性)というように、場合によっては職場にいづらくなってしまうかもしれません。「私、テーブルが濡れるのが嫌なんですよね。ちなみに、水商売の経験はありませんよ(笑)」と、あくまできれい好きの一環での対応であると強調するといいかもしれません。

  • 【8】「このあと二人きりで飲み直しませんか?」と誘ったら肉食女子と警戒されてしまった

    「気が大きくなってつい…」(20代女性)というように、お酒の力を借りて、お目当ての先輩を誘ってしまったパターンです。反応がイマイチであれば、すかさず「あ、そういえば同僚の○○さんもこのあと飲みに行きたいって言ってたんでした!」など、三人以上で行く選択肢を提示するといいかもしれません。

  • 【9】「彼氏と最近別れたばかりで…」と失恋話をしながら号泣してしまった

    「先輩が泣かせたのかと勘違いした人続出!」(20代女性)というように、先輩からしたら、迷惑きわまりない行為といえそうです。後日、先輩に謝罪をするのはもちろん、噂好きの先輩などに事の次第を説明して、先輩に非がないことを積極的にアナウンスするといいでしょう。

心当たりのある振る舞いはありましたでしょうか。このほかにも、職場の男性にとった行き過ぎた振る舞いがあれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(大竹康予)
Photo:All images by iStock