「この子、うわっ面だけで、仲良くしている」と思われてしまう女子の特徴9パターン


1日の大半を過ごす社内で、疎外感を味わうのはイヤなものですし、ましてや「イジメ」のマトになどなりたくないものです。そうした理由から職場では、表面上仲良くする「ニセ仲良し同僚女子」が増えているようです。『オトメスゴレン』会員の声から、そんなニセ仲良し女子と思われてしまう女子の特徴と、そう思われないための振る舞いをご紹介します。

  • 【1】何か頼む代わりに「今度イイ男紹介するからっ」と言うが、決して実行しない「政治家女子」

    「彼女のマニフェストは決して守られません」(20代女性)というように、口約束はするものの、有言実行しないのがこのタイプです。その場を切り抜けるためには、口先だけで約束せず、その場で「今週末はどうかな?」などと具体的な話を持ちかけるのもいいかもしれません。

  • 【2】「誰にも言っちゃダメだよ!」と同僚のヒミツを密告する「スパイ女子」

    「それで仲間意識を強めようとしてるみたいだけど、大間違い!」(20代女性)というように、ヒミツを共有することでグループを作ろうとするのがこのタイプです。「絶対にヒミツ」と言いながら、まさに口外しているわけで、やがては情報の出所は明らかになります。周囲に知られたくないことは話さないほうがよいでしょう。

  • 【3】「肌キレイになった! 何かした?」の問いに「なんにもー」と絶対教えない「黙秘女子」

    「テスト勉強してない!って言って100点取る小学生レベル」(20代女性)というように、有益な情報は自分だけのものにしておきたいのがこのタイプです。まず、「すごくいい化粧水見つけたの!」とこちら側から情報提供をし、その後「何かいいコスメ知ってる?」と聞いてみるなど、「ギブ&テイク」の手法をとってみてはいかがでしょうか。

  • 【4】デートの約束があると周囲の忙しさとは関係なくとっとと退社する「ドライアイス女子」

    「『彼氏が待ってるから』って平然と帰っていく姿に発狂寸前」(20代女性)というように、彼氏の優先順位が高すぎて、他のことが目に入らないのがこのタイプです。同僚が残業しているときには、「手伝おうか?」と声をかけ、予定があって早めに帰る時は、「ごめんね。今日は彼氏と○時に待ち合わせなの。今度埋め合わせするね」と一声かけるのもいいかもしれません。

  • 【5】「それ可愛い!」と人の持ち物に食いつき、気づくと同じ物を身につけている「クローン女子」

    「上下同じ服を着てきて『お揃い♪』と言われたときの恐怖たるや」(20代女性)というように、「隣の芝生は青い」ということわざを体現しているのがこのタイプです。職場での服やグッズのかぶりは避けつつ、休日の服装の好き嫌いなどを共通の話題にしてはいかがでしょう。

  • 【6】取引先や上司など大勢でいるときは愛想よく親しげなのに、ふたりだとヨソヨソしい「カメレオン女子」

    「コロコロ態度が変わってコワい」(20代女性)というように、みんなの前では「気さくな子」を装い、ふたりになると本性を表すのがこのタイプです。むしろ女の友情を大切にして本音を語り合い、男子ウケや上司ウケは、一緒に狙うのもいいかもしれません。

  • 【7】合コンに頻繁に行っているのに同僚は絶対誘わない「個人プレー女子」

    「目立ちたがりのエースアタッカーみたい」(20代女性)というように、常に自分が中心にいないと気が済まないのがこのタイプです。一度、上手くアシストする「セッター的ポジション」に徹してみるのはいかがでしょう。同僚女子からの評価アップから、やがていいトスが上がるかもしれません。

  • 【8】合コンで一番人気男子に否定的だったのに、いつの間にか付き合っている「ちゃっかり女子」

    「油断させるのが上手すぎ」(20代女性)というように、相手の意表を突き、オイシイところを持っていく要領のよさがこのタイプの特徴です。恋の駆け引きに、同僚は巻き込まず、、むしろ相談に乗ってもらうほうがよさそうです。

  • 【9】本人には「○○ちゃん可愛いー!」、陰では「超ダサくない?」という「二重人格女子」

    「絶対自分も影で悪口を言われているに違いない」(20代女性)というように、外面がよく腹黒なのがこのタイプです。おだては笑顔で受け流し、陰口には乗らない、そういったスタンスがよいでしょう。

信じたら痛い目にあう、ニセ仲良し同僚女子の特徴には、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock