同居嫁が「帰省してくる夫の兄弟」にイラッとする瞬間9パターン


年末年始やお盆などに帰省してくる夫の兄弟姉妹に、ウンザリしたことのある「義父母と同居の嫁」は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に、小舅や小姑一家のイラッとくる態度と、そんなときの上手なあしらい方をご紹介します。

  • 【1】上げ膳据え膳で、座ったまま「手伝おうか」の一言もないとき

    「食べ終わると即、ゴロンと横になる義妹たち。私が片付け始めても完全無視!」(30代女性)というように、何もせずに食べることだけ一人前の小姑に腹を立てている人は多いようです。黙ってやってあげると図に乗るだけなので、「お皿を下げるの、手伝ってくれる?」と声をかけてみてはどうでしょう。

  • 【2】連休のたびに帰省されて、どこにも出かけられないとき

    「突然『明日行くね』と連絡してきて泊まっていく義妹一家のせいで、こっちは家族旅行もできない」(40代女性)など、勝手に押しかける彼らに、行動を制限されたような気分になる人も多いようです。先手を打って「3連休は出かけるから」と早めに宣言し、それでも来るなら、あとは義父母にお任せしちゃいましょう。

  • 【3】子どもを置いて、自分たちだけ遊びに行ってしまったとき

    「『ママは?』と大泣きする姪っ子に振り回されてヘトヘト。しかも義姉夫婦は夜中まで帰らなかった」(20代女性)というように、久々の実家で羽を伸ばしたがる小姑から、面倒を押し付けられることもあるでしょう。目に余るようなら「用事があるんで!」などと断る勇気も必要でしょう。

  • 【4】「布団敷いておいてよ」などと、家政婦扱いされたとき

    「義兄一家が来ると車での送迎は私の担当。臨月のときまで『よろしく』だなんて、どんだけ無神経なの!?」(30代女性)というように、何の気遣いもなく、嫁の働きを当然と思われるのも辛いものです。体調不良を装い「今日はちょっと…」とあいまいな拒絶を繰り返して、アテにされないように仕向けてもいいかもしれません。

  • 【5】「この煮物、味が濃くない?」と料理に文句をつけられたとき

    「朝食を用意してあげたのに『ご飯よりパンがいい』と平然と言う義弟。信じられない!」(30代女性)など、手間暇かけて作った食事にイチャモンをつけられたら、相手が小舅でなくてもムッとするのが当然でしょう。台所の主として「ウチはいつもコレなのよ」と笑顔で受け流せば、彼らも黙るしかないかもしれません。

  • 【6】夫の兄弟だけでなく、その嫁たちまで、お客様気分でふんぞり返っているとき

    「女手がいくらでもいるのに、働くのはいつも私だけ(涙)」(30代女性)というように、食事の支度も手伝わずにノンビリくつろぐ義兄や義弟の妻たちを見て、「同じ嫁なのに!」と不満に思う人もいます。直に文句を言うと嫁同士の関係が気まずくなる可能性もあるので、夫を通じてそれぞれの配偶者から注意してもらいましょう。

  • 【7】みんなで外食したら、財布を出すそぶりすらなかったとき

    「食費をくれるどころか、自分たちが飲むために買ったお酒の代金を請求してくる義姉夫婦には呆れるばかり」(30代女性)など、実家に甘えて一銭も払おうとしない、図々しい小舅や小姑も珍しくないようです。度重なるなら、夫から「飲む分くらいは自分で払ってくれ」と言ってもらうといいかもしれません。

  • 【8】当然のように台所に出入りして、勝手にあちこちイジられたとき

    「生ごみは流しに溜めない主義なのに、『三角コーナー買ったよ』と置いて行かれても…」(30代女性)というように、キッチンへ無遠慮に入られるのを嫌がる人も多いようです。とはいえ、台所仕事の手伝いを頼む都合上、ある程度は「この人の育った家だから仕方ない」という諦めも必要かもしれません。

  • 【9】お礼も言わずに「また来るね」と帰っていったとき

    「さんざん飲み食いしてお土産までもらって、すました顔で帰る小姑にイライラ!」(40代女性)というように、「何をしてもらっても当たり前」といった態度に、怒りが込み上げてくることもありそうです。「感謝の気持ちがない人には、相応の対処で」と割り切り、気遣うのをやめてみてはどうでしょうか。

同居の嫁が「帰省してくる夫の兄弟」にイラつく態度と、その時の上手なあしらい方は、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(セイノマサコ)
Photo:All images by iStock