イヴの定時退社で「あら、デート?」と言われたときの「愛されOLの切り返し」9パターン


「クリスマス・イヴに早く帰る=明らかにデート」と見なされ、予定のなさそうなお局様から嫌味を言われた時、あなたならどうしますか? 『オトメスゴレン』会員の声から、イヴ当日、気まずさを感じさせないで定時退社する、愛されOLの上手い切り返し方法をご紹介します。

  • 【1】「こんな日に英会話入れちゃって」と習い事を引き合いに知的アピール

    「逆に『えらいなぁ』って褒められた(笑)」(10代女性)というように、「イベント日に習い事を入れる人などいない」という先入観を逆手にとり、よい子を演出する方法です。発言自体を疑われないよう、普段から「習い事が忙しくて」など、周囲に印象づけておくとよいかもしれません。

  • 【2】「家族のためにケーキを取りに行ってきます!」とファミリークリスマスを示唆

    「以後、お局様には『家族思いのいい子』と思われている(笑)」(20代女性)というように、「なら、しょうがないか」とすんなり思わせてしまうのが「家族ネタ」のようです。一人暮らしの人でも、「妹が上京するので」など、身内の存在を臭わすだけで「いいお姉さん」という好評価にすり替えることができるでしょう。

  • 【3】「今年も女子会でーす!」と女友達と過ごすことを強調

    「相手が女子なら嫉妬しないから」(10代女性)というように、男性の影を感じさせないのが、お局様のいじわる心を刺激しない秘訣と言えそうです。長年、彼氏がいなそうなお局様には、今年「も」と言って「毎年恒例感」を出すと、妙な安心感を与えることができるかもしれません。

  • 【4】「今年はサンタさんに彼氏をお願いする予定です!」と無邪気に独り身を主張

    「嫌味を言うお局は大抵『おひとり様』。彼氏とデートなんて絶対言えない」(20代女性)というように、「私はあなたと同類です!」と主張し、仲間意識を芽生えさせる方法です。ヘタなツッコミを避けるため、アフター5の詳細は明かさないで、とっとと退社するのが得策でしょう。

  • 【5】「遠距離恋愛なので会えないんです」と悲しげにうつむく

    「結局、『デートではない』と分かれば満足する」(20代女性)というように、「会えない」というマイナスフレーズを使うことで、「彼氏がいる」というひがみのモトを打ち消す方法です。「かわいそうだな」と慈悲の念すら抱かせることができるかもしれません。

  • 【6】「この後、ケーキ売りのバイトなんで!」とありえない冗談で笑いをとる

    「笑って、それ以上何か言ってくることはない!」(10代女性)というように、ジョークでその場を和ませ、帰る「スキ」を作る方法です。ただし、すごく目上の上司や風紀委員的なお局様には「ふざけている」と嫌悪感を与えてしまう可能性がるので、避けたほうがよいでしょう。

  • 【7】「出会いを求めて合コンに行ってきます!」とさわやかに宣言

    「潔い年下女子はお局様に好かれます(笑)」(10代女性)というように、サバサバと明るく切り返し、お局様のイジメ心を萎えさせる方法です。翌朝、「きのうの合コンは出会いゼロでした!」とそれっぽい報告をすると、信憑性が増すでしょう。

  • 【8】「友達とコスプレパーティーです! 来ますか?」と絶対参加してこないだろう内容で誘う

    「30オーバーのお局様でコスプレしたがる人はいないはず!」(10代女性)というように、お局様世代が敬遠したくなるような催しを武器にするパターンです。とはいえ、「誘われた」ということでお局様の気分は上々。持ち上げつつ、遠ざけることができる戦法と言えそうです。もし「行きたい」と言われてしまった場合は、「セクシーサンタだけど大丈夫ですか!?」と追い打ちをかけてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】「親戚が入院していてお見舞いに」と時間制限のある訪問先を盾に逃げる

    「むしろ、『早く帰って!』と言われた」(20代女性)というように、「嫌味なんて言ってごめんなさい!」と反省心すら起こさせる方法がコレです。大抵の病院は早い時間に閉まるので、「年末、歯医者の予約が今日しか取れなくて」という手も使えるかもしれません。

クリスマス・イヴの定時退社で、お局様から「あら、デート?」と嫌味を言われた時の上手い切り返しには、他にどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock