常に話題の中心にいたいお局様との会話の心得9パターン


職場に一人はいるであろうお局様。彼女たちの多くは自分の立場が尊重されることを望んでいるようで、後輩たちが自分にはわからない話で盛り上がっている時などは不機嫌になることも多いようです。そこで、常に話題の中心にいたいお局様の機嫌を損ねないための会話術を『オトメスゴレン』の女性読者のみなさまの声からご紹介します。

  • 【1】会話中も「○○さんはどう思われますか?」と常にお伺いをたてて気遣いをする

    「会話に入ってこないから放って後輩と盛り上がってたら『静かにして!』とブチ切れ」(20代女性)というように、常にお局様に意見を伺う姿勢がカギといえそうです。たとえ雑談でも仕事同然と心得て、相手を立てた振る舞いをとるように心がけるといいでしょう。

  • 【2】お局様世代にはわからなそうな流行ネタは避け恥をかかせないように配慮する

    「若手だけでスマホの話をしていたら、おもむろにガラケーを眺め始めた」(20代女性)というように、無言の圧力をかけてくるお局様もいるようです。お局様が近くにいるときは、自分の母親に話して通じないような話題はとりあえず避けておくのが賢明です。

  • 【3】お局様の持ち物や服装について褒めて注目していることをアピールする

    「お局様のイメチェンをスルーしてたら、どっさり仕事を振ってきた…」(20代女性)など、自己中心的なお局様には「とにかく褒めろ」がセオリーのようです。自分を褒めてくれる後輩のことは、お局様もかわいがってくれそうです。

  • 【4】自分のほうが知識のある話題でも「聞き上手」に徹する

    「趣味はサッカー観戦というから、海外チームの魅力について語ったら無言に」(20代女性)というように、趣味だといったからといって、どこまで詳しいかはわかりません。お局様が知らなそうな反応をとった時は、あなたがたとえ知っていても知らないふりをするくらいがいいかもしれません。

  • 【5】新たに仕入れた社内ゴシップはぬかりなく報告する

    「うっかり話し忘れていたら、『なんで教えてくれなかったの?』とスネられた」(20代女性)というように、お局様の多くは職場の情報に精通していたいという気持ちが強いようです。たわいもないことでも軽く耳に入れておけば、後々困ることもなさそうです。

  • 【6】会話内で「でも」は極力使わないように心がける

    「お局様と反対の意見を述べたら『私が間違ってるっていいたいの!?』とご立腹に」(20代女性)というように、自己中なお局様を相手にした場合は、とにかく意見を肯定することが大切なようです。たとえ同調できない話題でも、まずは「わかります」と受け止めてあげるとよさそうです。

  • 【7】お局様の話には深くうなずき、笑顔を絶やさない

    「適当な相づちをうってたら聞いてないことがバレて、数日口を聞いてもらえなかった」(10代女性)というように、あなたの話をちゃんと聞いていますというアピールは、話をスムーズに進めるのに効果的なようです。加えて笑顔で対応すれば、お局様の機嫌を損ねることもないでしょう。

  • 【8】週末の予定については決して尋ねない

    「うっかり聞いちゃったら、『別に』と、某タレント並みのテンションで睨まれた…」(20代女性)というように、独身のお局様に週末の過ごし方を聞くのはタブーといえそうです。逆鱗に触れかねないので、恋愛や結婚の話題についても避けるのが無難といえるでしょう。

  • 【9】お局様お気に入りの男性社員も会話に巻き込む

    「飲み会に別部署のお局様のお気に入り男子を呼び損ねたら、終始不機嫌」(20代女性)というように、男性はお局様のご機嫌を取るうえで重要なポイントとなるようです。お気に入りの男性がいれば自然と会話が進むばかりか、お局様の機嫌もよくなりそうです。

あなたの近くにいるお局様にも効き目がありそうな振る舞いはありましたでしょうか。このほかにも効果的なアクションがあれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(大竹康予)
Photo:All images by iStock