結婚報告したとき、お局様に言われた嫌味9パターン


「結婚します」とウキウキ気分で報告したいけれど、お局様にチクリと言われそうで怖い…と思っている女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』読者への「結婚報告のときに言われて、頭にきた一言」アンケートから、お局様が発したイヤミなセリフと、その場合のうまいかわし方をご紹介します。

  • 【1】「もしかして、デキ婚だったりして」

    「品のないツッコミに、思わず顔が引きつってしまった」(30代女性)というように、無礼な言葉を投げかけられることもあります。身に覚えのないことなら、無視してしまうのがよさそうです。それでも念を押して尋ねてくるなら「いいえ」と簡潔に答えて、その場を速やかに去るようにしましょう。

  • 【2】「仕事はいつ辞めるの?」

    「サッサと辞めろと言わんばかりで、イラッときた」(20代女性)など、自分の人生を勝手に決めつけるような言葉にムカついた人もいるようです。相手のペースには乗らないようにして「辞める予定はないんです。今後ともどうぞよろしくお願いします」と頭を下げておけば、それ以上は言わないでしょう。

  • 【3】「長々とハネムーンとか行かないでね。忙しいんだから」

    「ほかの人は普通に新婚旅行に行ってるのに、なんで私にだけ?」(20代女性)というように、悔しい気持ちを飲み込んだ人もいます。あからさまな当てこすりとわかる場合には、逆らわずに言わせておくのがよさそうです。このときだけのことですから「ハイ」と殊勝に答えておきましょう。

  • 【4】「共働きなの? 二兎を追うものはって言うけどね」

    「ダメになればいいって思ってるのがミエミエ」(20代女性)など、結婚直前の幸せ気分に水をさされた人もいるようです。聞きたくない言葉は、聞こえなかったふりで流してしまいましょう。「はい、共働きなんです。頑張ります!」と、答えられることだけに反応しておけば角も立ちません。

  • 【5】「仕事以外では、しっかりやってるのねえ」

    「責められるいわれはないはず!」(20代女性)というように、言われる筋合いのない皮肉を言われれば誰でも腹が立ちます。でもここで怒ったら、結婚報告をめちゃくちゃにしたがっているであろうお局様の思うつぼです。相手がニヤニヤしているようなら、こちらも笑って受け流しましょう。

  • 【6】「浮かれてミスしないようにしてよ」

    「釘を刺してやったわ、という顔が憎ったらしくて」(20代女性)など、祝福してくれる気持ちが感じられない言葉を聞くのも辛いものです。相手が「仕事が第一でしょ」という姿勢なら、こちらも割り切って「そうですね。気を付けます」とニュートラルな態度で対応するようにしましょう。

  • 【7】「あなたを選んでくれる人がいてよかったわね」

    「どうして『おめでとう』だけで済ませられないの?」(30代女性)というように、一言多いセリフに神経を逆なでされることもありそうです。言い返したい気持ちで一杯になるかもしれませんが、ここはグッとこらえて「よかったわね」だけを聞いたつもりで「ありがとうございます」と返しておきましょう。

  • 【8】「早く赤ちゃん生んで、家庭に入るほうが合ってるわよ」

    「本当に余計なお世話だと思った」(20代女性)というように、人のプライバシーに平気で口を挟んでくるお局様も多そうです。とはいえ、先のことは誰にもわかりませんから、「そうですねー。うーん、まあ、今はまだ…」などとお茶を濁すような感じで答えておくといいでしょう。

  • 【9】「面倒だから、披露宴とかしないでほしいわ」

    「『連休中はやめてよね』って、招待するとは言ってない!」(20代女性)など、早々と結婚式にイチャモンをつけてくる人もいるようです。「身内だけのささやかな式なので」とさりげなく牽制しておくか、「彼の家が仕切ってるので」などと言って、自分に決定権はないことにしておきましょう。

結婚報告の際に言われて頭にきたお局様のイヤミなセリフと、そんなときのうまいかわし方には、ほかにどんなものがあるでしょうか。ご意見をお待ちしています。(松谷あさ子)
Photo:All images by iStock