相談を受けた先輩が、「もう話は聞きたくないな」とゲンナリしてしまう言動9パターン


「報告・連絡・相談」(ホウ・レン・ソウ)は、社会人に必須のビジネスマナーです。特に「相談」は、仕事をスムーズにこなすために欠かせません。そこで今回はオトメスゴレン読者への「ゲンナリした後輩からの相談」アンケートから、先輩に快くアドバイスしてもらえるコツをご紹介します。

  • 【1】慌てて相談してきたときには、もはや「手遅れ」になっている

    「明日が締め切りなのに、今日になってやり方がわからないと言われても」(20代女子)というように、なかなか相談できず仕事が滞り、「早く聞けばよかったのに」とあきれられてしまう人もいるようです。疑問や不安があるときは、ひとりで抱え込んで悩まずに、こまめに質問するようにしましょう。

  • 【2】1から10まで聞くばかりで、自分のアイデアがない

    「『あなたはどうすればいいと思う?』と聞いても黙ったまま。やる気あるのかな」(30代女性)というように、何の考えも持たずにいると「主体性のない指示待ち人間」と思われてしまいそうです。「私はこうしようと思うんですが」などと、自分でやれること、やりたいことを考えておきましょう。

  • 【3】何度も同じことを質問してくる

    「『いいかげんにして!』と怒鳴りたい気持ちを必死で抑えてます」(20代女性)というように、教わったことを覚えていなくて相談を繰り返し、煙たがられてしまう人もいます。先輩から受けた指示や指摘はメモをとり、質問の前に「以前に教わったかどうか」を確認するようにしましょう。

  • 【4】何を相談したいのか、話を聞いてもよくわからない

    「『Aさんができないって言うんですが、私も忙しいし、でも納品は来週で…』って何が言いたいの?」(30代女性)というように、聞きたいことがまとまっていないと相手を困らせてしまいます。「来週の納品、人手が足りないんですがどうしましょう」と、何の件の話で何が問題なのかを明確に伝えましょう。

  • 【5】仕事の相談のはずが、いつのまにか彼氏のグチになっている

    「日中の慌ただしい時間を割いて場を設けたのに、まさか恋バナを聞かされるとは!」(20代女性)など、悩みを話しているうちに仕事とは関係ない話を始めて、ウンザリされてしまう人もいるようです。プライベートな悩みがあるときは、終業後に時間をとってもらって話すようにしましょう。

  • 【6】相手の都合を考えず、自分のペースで相談を持ちかける

    「『見積書の数字が合わないんです』と、突然来る。いつでもすぐに対応できるわけじゃないのに」(30代女性)など、相手の状況を配慮せずに一方的に話し出して不快な思いをさせてしまう人もいます。まずは「ご意見を伺いたいんですが、今お時間よろしいですか?」と尋ねるようにしましょう。

  • 【7】指導担当の先輩を飛び越して、直に上司へ質問しようとする

    「私が指示した仕事なんだから、わからなければ私に聞くのが当然でしょう!」(20代女性)というように、質問する相手は誰でもいいというわけではありません。仕事の具体的な話は、直接教えてくれる先輩が一番よく知っています。最初に先輩に聞き、それでも不明なときだけ上司に聞くようにしましょう。

  • 【8】悩み事をつづった長文のメールを、いきなり送りつけてくる

    「会社では普通にしていたのに『わからない』『苦しい』と重い言葉ばかり。読んでヘトヘト」(30代女性)など、事前に何の打診もなくヘビーな内容のメールを送って、相手を辟易させてしまう人もいるようです。先に「ご相談があるんですが、話すと長くなりそうなのでメールしてもいいですか?」と伝え、話を整理してから送りましょう。

  • 【9】相談してきたあと、どうなったのかウンともスンとも言ってこない

    「さんざん手間取らせておいて『ありがとうございます』の一言もないって、どういうこと?」(20代女性)というように、アドバイスをくれた先輩への心遣いを忘れてしまう人も多いようです。問題が解決して仕事がスムーズに運んだら、その結果報告とお礼をきちんと言うようにしましょう。

優しい先輩をゲンナリさせず、快く「相談」に乗ってもらうには、ほかにどんなことに気を付ければいいでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(松谷あさ子)
Photo:All images by iStock