異動してきた名物お局様に「この子、いい子ね」と思われる振る舞い9パターン


敵に回すとやっかいなお局様も、味方につけてしまえば何かと便利なものです。そこで『オトメスゴレン』読者へのアンケートをもとに、社内でも有名なお局様が異動してきたときにとりたい、「愛されアクション」をご紹介します。

  • 【1】「○○さんから伺っていました」と共通の知人の話を出す

    「よく知っている人の話題を振れば、大好きなうわさ話ができて、お局様も大満足します」(20代女性)と、つかみとしてお互いの知り合いの存在を活用するアクションです。ついでに「すごく素敵な方だと聞いています」とヨイショすれば、さらに「可愛いヤツめ」と気に入ってもらえるでしょう。

  • 【2】誰よりも先にランチに誘う

    「異動当日に、さっそく『お昼ご一緒していいですか?』と声をかけました」(10代女性)というように、まずは自分から近づいて「仲良くしたい」姿勢をアピールします。ただし、毎日一緒に行くのが恒例になると困るかもしれないので、「いつもはお弁当なんですが」などと伏線を張っておくといいかもしれません、

  • 【3】ちょっとした「ウェルカムスイーツ」を渡す

    「ひとくちケーキや小さなチョコレートなど、ささやかな甘い物を贈ります」(20代女性)と、歓迎の意をプチプレゼントで表す方法です。さすがのお局様も、初日は緊張しているはず。そんなときに笑顔のあなたがスイーツを持って現れれば、好印象を持つことでしょう。

  • 【4】「お茶の好みはなんですか?先輩用に支度しますので」と聞いておく

    「以前、よかれと思ってコーヒーを出したら、嫌いだったらしくお局様が機嫌を損ねてしまって。それ以来、必ず確認するようになりました」(20代女性)と、失敗を未然に防ぎつつポイントも稼げるアクションです。同時に彼女の私物のカップがあれば、いち早く覚えることも忘れないようにしましょう。

  • 【5】歓迎会のお店の希望を本人に聞き、盛り上げようとしている様子をアピールする

    「幹事が別にいたとしても、『私が希望を聞いてきます』とメインで仕切っているように振る舞います」(20代女性)と、おいしいとこどりを目指してしまいます。親しく話をするきっかけになるだけでなく、お局様の好きなテイストなど、今後も役立つ情報が手に入りそうです。

  • 【6】「部のことはお教えするので、仕事のことをいろいろ教えてください」と共同戦線を張る

    「この子は味方、と最初に印象づけたいので、まずは懐に飛び込みます」(20代女性)と、ギブ&テイクをアピールしながら近づきます。この場合、恩着せがましくならないように、また「キャリアではお局様のほうがずっと上」という姿勢を忘れずに提案するのがポイントかもしれません。

  • 【7】同部署の社員たちの、罪にならないちょっとしたうわさ話を教える

    「ゴシップ話はお局様の大好物。部員のプライベートなことを、ポイントだけ教えてあげます」(20代女性)と、お金も労力も最小限にとどめつつお局様を喜ばせる方法です。ただし「誰と誰は以前付き合っていた」「この人はバツイチ」「○○さんは最近彼女と別れた」といった事実情報にとどめておき、悪口を言ったり憶測でものを言ったりするのは避けておきましょう。

  • 【8】退社時間を揃えて駅まで一緒に帰る

    「まずは近づくのが第一歩。時間を合わせて出られるよう調整します」(20代女性)というように、二人きりで話せる時間を作ります。駅までならランチや食事に行くよりも手軽なので、少々苦手なタイプでもにこやかに応対しやすいでしょう。ウマが合いそうなら、そのまま飲みや食事に誘ってみてもいいかもしれません。

  • 【9】独身で彼氏がいなさそうなら、よさそうな合コンに誘う

    「お局様の接待には、男性同席の飲みが一番です」(20代女性)と、楽しい席を用意してあげる方法です。あらかじめ男性側の幹事に会の趣旨を説明しておき、お局様の隣には粗相をしないハイレベルな人を配置してもらうよう、根回しを忘れないようにしましょう。

異動してきたお局様に気に入られるアクションには、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock