上司に怒られたお局様を慰めるつもりが逆なでしてしまった一言9パターン


上司のお目玉をくらってイライラしているお局様には、なにか慰めの言葉をかけて、早く機嫌を直してもらいたいものです。でも言葉選びを間違えると、かえって彼女を不機嫌にしてしまうかもしれません。そんな失敗をしないために、今回は『オトメスゴレン』読者の声から「上司に怒られたお局様を慰めるつもりが逆なでしてしまった一言」をご紹介します。

  • 【1】「○○さんの頑張りは、私がよーく知ってます」

    「『あなたに言われても嬉しくないわ』と、冷たくハネ返された」(20代女性)というように、自分の頑張りや努力を「後輩」がねぎらうなんて100年早い!と感じる人もいます。この際「○○さんのご指導のおかげで、仕事が早いって先日ほめられました」など、感謝の気持ちを表すとお局様の心も和らぐかもしれません。

  • 【2】「こういうことも、たまにはありますよね」

    「『こういうこと? なんのことかしら』とスルーされた」(20代女性)というように、「上司に叱責されたこと」を後輩から話題にされたくない、という人もいるでしょう。こんな場合は「○○さんみたいに見やすいグラフを作るコツは何でしょう?」など、教えを請うことで彼女のプライドをくすぐって元気づけてみましょう。

  • 【3】「おいしいお菓子がありますよ!」

    「『あなたたちと一緒にしないで!』と怒られてしまった」(20代女性)など、同僚や後輩にするような気軽な誘いかけにカチンとくるお局様もいます。スイーツの差し入れをするなら、ちょっと奮発したとっておきのお菓子に「おひとつどうぞ」の一言を添えて、彼女のデスクの上に置いておくような気配りがいいかもしれません。

  • 【4】「課長の八つ当たりなんか気にしちゃダメです」

    「『事情もよく知らないくせに、口出ししないでくれる?』と邪険にされた」(20代女性)というように、上司を悪者にしてお局様をかばう方法は、ヤブヘビになる可能性があります。彼女に怒られるだけの理由がある場合、むやみにフォローするのは逆効果ですから、よく状況を見て声をかけるようにしましょう。

  • 【5】「あんな言い方しなくてもいいのに…ひどいですよね」

    「『こっそり見てたの? イヤな人ね! 無神経!』とキレられてしまった」(20代女性)など、「叱られているところを後輩に見られた」という恥ずかしさから、烈火のごとく怒り出す人もいるようです。こんなときは何も知らないふりをして、お局様の興奮が収まるまで静かに待っているほうがいいかもしれません。

  • 【6】「そんな顔、○○さんには似合いませんよ」

    「『ひどい顔してるって言いたいの? 余計なお世話よ』とにらまれた」(20代女性)というように、イラついている人に対して「否定」の言葉をかけると、相手を逆なでしがちです。お局様の「顔」について触れるのも危険ですから、まずは「○○さん、何かあれば仰ってくださいね」などと様子を伺うようにしてみましょう。

  • 【7】「敏腕キャリアウーマンには、なんてことないですよね」

    「『下手なお世辞はやめなさいよ』とバッサリ」(20代女性)というように、あまりに見え透いた言葉で慰めるのも、相手の逆鱗に触れてしまいます。たとえ冗談のつもりでも、気持ちが通じていなければイヤミに取られてしまう可能性大です。気の強いお局様にはいつも通りに接することが、何よりの慰めかもしれません。

  • 【8】「私も、部長にはよく怒られるんですよ」

    「『あなたと私では、怒られる意味がまるで違うの!』と偉そうに言われた」(20代女性)というように、後輩に「私も同じです」とアピールされると「同等扱いしないでよ」と思う人もいます。「私は部長に怒られると、数日立ち直れません…」など、自分の情けない体験を披露してみるといいかもしれません。

  • 【9】「私だけは、いつでも味方ですから」

    「『まるで、私が孤立してるみたいな言い方ね』と言い放たれて、慌ててしまった」(20代女性)というように、お局様は「自分に対する周囲の気持ち」を表す言葉に敏感です。こんな場合は「みんな、○○さんのこと心配してますよ」などと、部署内の人たちを代表しているつもりで励ましてみましょう。

上司に怒られたお局様を慰めるつもりが逆なでしてしまった言葉は、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(松谷あさ子)
Photo:All images by iStock