2度目の失敗を先輩に見逃してもらうための振る舞い9パターン


先輩に一度注意されたにもかかわらず、また同じ失敗! どうしようかと悩んだ経験は、誰にも少なからずあると思います。そんなとき、先輩を怒らせるのも味方につけるのも、失敗についてのお詫びと報告の言い回し次第といえるようです。そこで、『オトメスゴレン』の女性読者に聞いた「失敗を先輩に大目に見てもらうための振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】「やり方のメモが見当たらなくて…」とメモさえあればちゃんとできることを強調する

    「今回は私がやるから横で見ててという流れになる場合が多い」(20代女性)というように、手順に関するメモがないためにできなかったと主張して、先輩の「しょうがないな」という気持ちを引き出すパターンです。ただし、改めて手順を復習するなど、次回以降は一人でこなすための努力をしましょう。

  • 【2】「早く片付けなきゃと思ったら焦っちゃって…」とよかれと思ってとった行動でミスをしてしまったと伝える

    「落ち着いてゆっくりやっていいよと、たいていチャンスをもらえる」(20代女性)というように、失敗はしたものの仕事への前向きな姿勢を見せて、先輩の怒りを回避するパターンです。やる気が空回りしての失敗であることが伝われば、先輩も見逃してくれるでしょう。

  • 【3】「次こそ失敗しません!! だから…もう一回だけ教えてもらえませんか?」と素直に教えを請う

    「面倒見のいい先輩が相手なら素直に話しちゃいます」(20代女性)というように、相手によっては「失敗しちゃったから教えてください!」と正面突破もありのようです。日頃から、部内の人の性格や振る舞いを把握しておくことがカギといえそうです。

  • 【4】「途中で別件の作業を頼まれたらわかんなくなっちゃって…」とイレギュラーに対応できなかったことを伝える

    「こういえば、新人のうちはたいてい許してもらえる」(20代女性)というように、仕事のキャパオーバーを理由にするといいようです。仕事に慣れないうちは複数の仕事を同時進行することが困難であることは先輩もわかっているかもしれません。なんとかすべてをこなそうと努力したが、できなかったことを伝えるといいでしょう。

  • 【5】「えーと…次ってこの作業で合ってましたっけ?」とさりげなく先輩を巻き込む

    「気づけば先輩が手伝ってくれています」(20代女性)というように、知らず知らずのうちにミスの取り返しも含めて、共同作業に持ち込むパターンです。ただし手伝ってもらっている間、先輩の仕事が中断しているのも事実。巻き込む前に「いま、話しかけてもいいですか?」と聞くなど、気遣いを忘れないようにしましょう。

  • 【6】「私を信頼して任せてくださったのに力不足ですみません…」としょんぼりする

    「私も昔同じ失敗したことあるよと、作業の注意点を教えてくれた」(20代女性)というように、落ち込んだ表情を見せたことがきっかけで、先輩の共感を得られることもあるようです。先輩の教えを胸に刻んで次回以降に生かせば、きっと喜んでくれるでしょう。

  • 【7】「まだ一人では早いみたいです。もう何回か先輩と一緒じゃダメですか?」と甘えてみる

    「普段ミスが少ない場合は効果的」(20代女性)というように、珍しく失敗した時などに役立つ振る舞いのようです。仕事ができることに越したことはないですが、新人のうちからなんでもかんでもできてしまうと先輩も寂しいのかもしれません。要領のいい人ほど、たまに失敗した時は甘えてみるとよさそうです。

  • 【8】「何度かやり直してもやっぱりできなくて…」と悔しそうに唇を噛み締める

    「とにかく悔しがることがポイント!」(20代女性)というように、失敗したことを重く受け止めている姿勢を見せることが大切なようです。先輩を怒らせるとすれば「失敗を失敗とも思わないいい加減な態度」ではないでしょうか。「自分はそうじゃない」と仕事に真摯に向き合う様子をアピールするといいでしょう。

  • 【9】「先輩! お願いだから助けてください…!!」と思い切ってフォローを求める

    「頼られてはねつけるような人はまずいない」(10代女性)というように、困っていると声をあげれば手を差し伸べてもらえることが多いようです。また助けてもらった後に感謝の気持ちを丁寧に伝えれば、次回以降も強い味方となってくれるかもしれません。

役に立ちそうな振る舞いはありましたでしょうか。また万が一失敗をしてしまった時に、先輩から見逃してもらうための振る舞いには、このほかにどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(大竹康予)