「職場をなんだと思っている!」と先輩から顰蹙をかったNGお色気ファッション9パターン


新人の中には、リクルートファッションから解放された途端、上司や先輩の度肝を抜くようなファッションで出勤してしまう人もいるようです。では、どのような服装がビジネスではNGなのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査をもとに「『職場をなんだと思っている!』と先輩から顰蹙をかった、NGお色気ファッション」をご紹介します。

  • 【1】半ケツがハミっていて目のやり場に困る「ホットパンツ」

    「確かにショートパンツは流行っているけど、短すぎるホットパンツは水着みたい…」(20代女性)というように、あまりにもビジネス常識から外れた格好に唖然とする人もいるようです。「だらしない子」と思われる、短すぎるボトムスは退場ものです。若さを強調したいなら、せめて膝上丈のキュロットを選ぶとよいでしょう。

  • 【2】「秘書のコスプレか!?」というような「マイクロミニのタイトスカート」

    「誰に何をアピールしてるのか謎」(20代女性)など、脚を強調したお色気ファッションに、不信の目を向ける人たちもいるようです。仮に上司に仕事を褒められても、「あの子はあの上司と…」と言われてしまわないよう、同じミニでも、爽やかなふんわりスカートなら好感をもたれそうです。

  • 【3】巨乳を強調するかのような襟ぐりが大きく開いた「胸見せトップス」

    「こういう子に限って『男子が胸を見てくるんです。イヤラシいですよね』と言うので、『自分のせいじゃん!』と怒りたくなる」(20代女性)というように、胸をアピールする新人に不快感を覚える人もいるようです。首のつまった服が苦しいなら、首にスカーフを巻くなどするとよいでしょう。

  • 【4】勝負下着がシャツの上から透けまくりの「カラフルブラ」

    「見苦しいの一言。本人はいいと思っているのかしら?」(20代女性)など、まるで下着を見せつけるかのような服装に、思いっきり首を傾げる人もいます。仮に女子力アピールだとしても中学生レベルなので、不思議ちゃんと思われないよう、下着はベージュとはいわないまでも、目立たない色を選ぶか、カップ付きキャミソールを着たほうがよさそうです。

  • 【5】体のラインがくっきり見えてしまう「スウェットタイプのピタピタワンピ」

    「あー。職場でフェロモンを振りまこうとする頭のイタい新人が…」(20代女性)というように、スタイルのよさを主張するような服装に頭を抱える人もいます。女子社員や仕事のデキる男性社員には軽蔑されるだけなので、服装でなく、仕事で目立つように頑張りましょう。

  • 【6】朝からヘアメイクに3時間はかけたのではないかと思うような「三重つけまつげと盛りヘア」

    「夜のお仕事にでも行くのかと思った…」(20代女性)というように、エネルギーをかけるところが違うでしょと思われる新人のメイクに、あっけにとられる人もいるようです。「そんなヒマがあったら早く出社して仕事しろ」と怒鳴られないよう、会社にはナチュラルメイクと清潔感のある髪型で行くとよいでしょう。

  • 【7】妙に手入れが行き届いたツヤツヤの「ナマ脚&派手色ペディキュア」

    「ビーチじゃあるまいし。若さをアピールしたいわけ?」(20代女性)など、あまりにカジュアルな装いに、眉をひそめる人もいます。職場ではくだけた印象を与えないよう、ストッキングをはいておくのが基本だと心得ましょう。

  • 【8】動く度に目障り。ラインストーンがキラキラの「ドロップ型ピアス」

    「視界に入る度にイライラする」(20代女性)というように、揺れる度に目にチラつくタイプのピアスは不評のようです。大きなサイズの物や、光り物などを避けておけば、周りの先輩方の不評を買うことは少なそうです。

  • 【9】キーボードを打つ音がカタカタうるさい「ロングつけ爪&アートネイル」

    「とにかく耳障り。それに爪が長いから事務仕事が遅いっ」(20代女性)など、オシャレ爪による「公害」に、ヒステリーを起こしそうになる先輩もいます。ヘタに目をつけられないよう、爪は自爪で短く切り揃え、フレンチネイルなど清楚なデザインにしておきたいものです。

ほかにも、先輩の目を点にしてしまったファッションがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock