後輩に「先輩、ひどい! 言い過ぎです」と思われてしまう一言9パターン


怒られ慣れていない「ゆとり世代」の若手女子たち。会社での上司や先輩からの何気ない一言に傷つき「先輩、ひどい! 言い過ぎです」とか、時には「イジメだ!」と過剰反応するセンシティブな後輩も少なくありません。「いじめの濡れ衣」を着せられる前に、避けるべきイマドキ後輩OLへの禁句を『オトメスゴレン』読者の声からご紹介します。

  • 【1】やり方もろくに教えず「はい、とりあえずこれやってみて」

    「普段の私のやり方を見ていたのに、全くできない!」(20代女性)というように、「見て覚える」ができないのがゆとり女子の特徴です。丁寧に教えてもらって当たり前、という先入観があるので、丸投げするのはご法度です。多少時間をとられてもきちんと説明するのが賢明でしょう。

  • 【2】慣れない仕事で苦戦しているのを分かりつつ「なんでそんなに時間かかるの?」

    「マイペースすぎて思わず…。そしたら『今、やってます!』と逆ギレされる始末」(30代女性)というように、応用力が身に付いていないゆとり女子にとってスケジュール管理は苦手分野です。仕事を振る前に今抱えている作業内容を確認し、時間に余裕を持たせた指示を心がけるとよいでしょう。

  • 【3】何度もしつこく「あれどうなってる?」

    「心配でちょくちょく確認してたら不機嫌に。陰で『あおられてイラつく』って言ってたのを知り意気消沈」(20代女性)というように、プレッシャーに弱いゆとり女子への度重なる進捗確認は、「執拗なあおり行為」と見なされる可能性があります。「ここまでできたら一度教えて」と、ある程度の区切りで自ら報告させるようにするとコミュニケーション能力も高まり一石二鳥でしょう。

  • 【4】聞き取れなかったときの眉間にシワを寄せた「えっ!?」

    「悪意があったわけじゃないのに『冷たい』って泣かれた…」(20代女性)というように、イマドキのゆとり女子は、想像をはるかに超える「ノミの心臓」の持ち主だと思っておいたほうがよさそうです。リピートを促すときは「ごめん、もう一度いい?」と少しばかり丁寧な言い方をするほうが安全でしょう。

  • 【5】会社の飲み会で何の前触れもなく「何かおもしろい話して」

    「言った途端『特にないです…』とテンションだだ下がり。なんで!?」(20代女性)というように、ムチャぶり=イヤがらせと勘違いしてしまう若手も少なくありません。受け身が基本ポジションのゆとり女子は、興味のあること以外、自ら発信することを好まない傾向があります。飲み会では好きに泳がせてあげるくらいがちょうどよいかもしれません。

  • 【6】何か質問されたときの「忙しいから後にしてくれる?」

    「『○○さんが教えてくれないから仕事が進みません』って上司に泣きついた後輩。子供か!」(20代女性)というように、「先輩は後輩を指導するのが仕事」という甘えから、「ないがしろにされた!」と嘆き、あらぬ行動に出る後輩も。すぐに応対できないときは、取り急ぎ用件だけでも聞き、「これが済んだら声かけるね」と邪険に扱っているわけではないことを明らかにしておくのが得策でしょう。

  • 【7】手一杯そうな後輩に追加で何か頼むときに「いつまでにできる?」

    「『これ以上できません』と即答。それからというもの避けられている気がする…」(20代女性)というように、追い込んでくる人を「敵」と位置づけてしまうのもゆとり女子の特徴です。そんな防衛本能を働かせる若手をいたずらに追いつめないようにしましょう。作業を細分化して他の後輩にも割り振るなど、相手のキャパに合った配分をするとムリなく進められるでしょう。

  • 【8】何かミスをしたときの「また!?」

    「思わず出た一言に『ワザとじゃないのにヒドい!』と大泣き。まるで私が悪者」(20代女性)というように、ミスを責めるような言葉遣いは繊細なゆとり女子にはタブーのようです。まずは「なにが原因だと思う?」と経過説明に耳を傾け、本人に改めてミス内容を振り返ってもらいましょう。その後、繰り返さないための策を共有すると信頼を得ることができるでしょう。

  • 【9】基本的な仕事に関して相談されたときの「そんなの常識だよ」

    「何回説明しても覚えないからイラついて最終的にこう言ったら、以後何も聞いてこなくなった…」(20代女性)というように、世代の違う相手に常識を説いてもちっとも響きません。仕事を始めたばかりの若手は教えてもらったことがそのまま常識となるため、はじめが肝心です。当然知っているだろうと思うことでも丁寧に説明し、きちんとメモをとるよう促すとよいでしょう。

後輩への禁句は、他にどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock