後輩OLに「ついにお局さまになったなぁー」と思われてしまう振る舞い9パターン


「私、今、局っぽかった!?」と、はっとしたことは誰にでもあるはず。そんなときこそ、「気が回るいい先輩」になれるか「ねちっこいお局様」になるかの分かれ道だったかもしれません。そこで『オトメスゴレン』読者に聞いた「後輩OLに『ついにお局さまになったなぁー』と思われてしまう振る舞い」をもとに、危険なアクションを探ってみました。

  • 【1】しつこく後輩の過去や現在の恋愛話を聞いてしまった

    「人の恋バナ、とくに失恋話に目を輝かせられると引きます」(20代女性)というように、他人の恋愛事情に食いつきすぎると危険のよう。また、自らの過去の恋愛武勇伝を語りたがるのも、後輩に煙たがられる原因になり得るので注意しましょう。

  • 【2】自分より若い女性社員を目の仇にしてしまった

    「後輩の女のコたちの悪口ばかり聞かされると、『なぜそこまで』と思ってしまいます」(20代女性)と、同性への評価の厳しさは、お局を感じさせるようです。グチや陰口を言いたくなったら、社内ではなく社外の友人に話してストレスを発散しましょう。

  • 【3】電話が鳴っていても、自分は取らずに誰かが取るのを待ってしまった

    「かたくなに電話を取らない先輩がいます。『私の仕事じゃないわ』という感じで、すでにお局っぽいんです」(10代女性)と、仕事への積極性を感じさせない態度が後輩たちに不評のよう。基本的な業務こそ、うっとうしがらずに取り組むとよさそうです。

  • 【4】自分の意見が通らなくて、不機嫌さを隠せなかった

    「人の話を聞かないだけでなく、自分のアイデアばかりを主張するのは、ちょっと…」(20代女性)と、かたくなで自分本位の言動もポイントを下げてしまいます。みんなの提案にもにこやかに耳を傾け、主張はほどほどにしておくと「お局度」が下がるでしょう。

  • 【5】男性社員の肩やヒザなどにやたらと手を置いてしまった

    「スキンシップを繰り返す先輩を見るたびに、トーク番組で隣に座ったイケメンに触りまくるオバサン女優を連想します」(20代女性)というように、必要以上に男性に触れるのは危険です。親愛の情を示したいなら、挨拶などの声がけで表すようにしましょう。

  • 【6】つい人の仕事内容に口を出したり、おせっかいを焼いたりしてしまった

    「隣の席の先輩が私のしていることにいちいち口を出すタイプで、24歳なのにお局とみなされています」(20代女性)と、親切心がアダになっているケースもあるようです。後輩や同僚が困っているときにだけ手を差しのべれば、まったく違った評価になるでしょう。

  • 【7】噂話をしている現場を発見し、急いで参加してしまった

    「地獄耳の先輩は、ゴシップ話をしているところには必ずいます」(20代女性)と、噂好きであるのも「プチお局」と思われてしまう要素です。もちろん、自分から率先して陰口を言うのはさらに危険でしょう。ネガティブなことは口にしないのが無難のようです。

  • 【8】有給休暇明けに、何をしていたか根掘り葉掘り探ってしまった

    「職場のプチお局は、とにかく人のプライベートが気になるみたいなんです」(20代女性)というように、みんなの生活を詮索するのも危険なアクションです。相手から休暇中の話をされたり、お土産をもらったりしたらコメントする、くらいのスタンスでいきましょう。

  • 【9】何かというと後輩たちのマイナス面が目についてしまった

    「仕事ぶりだけでなく、服装からメイクやネイルまでネチネチ注意してくる先輩がいて、かなり煙たがられています」(10代女性)と、必要以上に「指導しようとする姿勢」は嫌われる要因になるよう。どうしても目に余るようなら、感情的にならずに誤りだけを指摘しましょう。

新人や後輩に「お局予備軍」と思われそうな危険な振る舞いには、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見や体験談をお待ちしています。(萩原はるな)
Photo:All images by iStock