同僚にバレずに社内恋愛を長続きさせる秘訣9パターン


誰にも内緒で社内恋愛を楽しんでいたのに、ちょっとした油断から同僚に嗅ぎつけられて、社内全体に噂が広まってしまった…。そんな事態を避けるため、ふたりでできる予防策をご紹介します。

  • 【1】ふたりの出社・退社時間をずらす

    「一緒に通勤したいけれど、そこは我慢!」(20代女性)というように、出勤・退勤の時間帯は意外とチェックされているため、申し合わせて時差を作るとよいでしょう。朝、同じ電車に乗ってきた場合も、ひとりは駅から遠回りしてオフィスに向かうと会社到着の時間をずらすことができます。

  • 【2】会社の周辺で待ち合わせやデートをしない

    「オフィスから3駅以上離れないと会わない」(20代女性)というように、 会社帰りにふたりきりで会うときは遠い場所を選びましょう。移動は面倒かもしれませんが、安心してデートを楽しむためには大切な点です。いっそ、ふたりで知らない街を開拓するのを楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • 【3】人気スポットでデートをしない

    「シネコンやニューオープンスポットは同僚と鉢合わせする可能性大」(20代女性)というように、会社の人と出会う確率が高めの場所はデート先に選ばないのが無難です。どうしても行きたい場合は、決して手を繋がず、芸能人ばりに普段着けないメガネや帽子で変装するなどの徹底した準備と覚悟が必要です。

  • 【4】仕事中に目が合っても合図をしない

    「思わず微笑みそうになるところを抑えている」(20代女性)というように、同僚から見られている可能性を常に考えて、軽率な行動は慎みましょう。彼だけをひいきせず、社内ではほかの同僚と同等に接することで、疑われにくい環境を作っておくとよいでしょう。

  • 【5】お互いに仮想恋人を作っておく

    「ふたりとも学生時代からの恋人がいることにしている」(20代女性)というように、周囲に彼氏・彼女持ちだと伝えておけば、社内恋愛を詮索する人も少なくなるでしょう。「遠距離でなかなか会えない」という設定を加えると、「今度、恋人に会わせてよ」や「週末はどこでデートしてる?」などの会話にも対応できます。

  • 【6】SNSで同僚と繋がらない

    「会社の人にはSNSをやっていることは秘密」(20代女性)というように、プライベートの行動をアップしがちなSNSからは同僚はシャットアウトするのも予防策のひとつです。たとえ自分が注意していても、社外の友達のうっかりしたつぶやきから関係が明るみになることも考えられます。

  • 【7】同僚からの合コンの誘いには応じる

    「断ると疑われそうなので合コンには出席」(20代女性)というように、彼氏がいないフリをしている人は、同僚主催の合コンや出会い目的のイベントには参加するのもよいでしょう。ただし、あとで同僚から彼氏に話が伝わって痴話ゲンカに…といった展開を防ぐために、彼氏には事前に許可を取りましょう。

  • 【8】プライベートでの共通の体験談は一切口にしない

    「ふたりでした旅行の話は絶対にしゃべらない」(20代女性)というように、一緒に体験したことは「すでに彼が誰かに話しているかも」と考えて避けるのが安全策です。どうしても話さないといけないときは、あとで彼氏に口止めして自分だけの体験談に仕立てあげましょ

  • 【9】電車に一緒に乗るときはホームの端と端に分かれる

    「特に通勤電車では、同じ車両には乗らない」(20代女性)というように、電車内で目撃されてバレるのを防ぐ方法です。同じ沿線を利用する同僚やその出勤時間帯を把握しておくと、ばったり出くわすことも減らせるでしょう。

秘密の社内恋愛をうまく続けるためには、ほかにどのような方法がありますか? 皆さんのご意見をお待ちしています。(田村理恵)
Photo:All images by iStock