夫の選んだネクタイが「おかしい」とやんわり指摘する一言9パターン


夫婦といえども、洋服の趣味が違うのはよくあること。できるだけ相手の好みを尊重してあげたいけれど、どうしても受け入れられない格好をしていたら、うまく伝えたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「夫の選んだネクタイが『おかしい』とやんわり指摘する一言」をご紹介します。

  • 【1】「それもいいけど、こっちのほうが似合うよ」とほかをすすめる

    「ねえ、こっちのほうが素敵だよ」(20代女性)というように、夫が選んだネクタイを否定することなく、別のものをすすめるパターンです。相手が「そうかな」とのってきたら、「うん、やっぱりこっちが断然かっこいい!」と思いきり褒めてその気にさせましょう。

  • 【2】「そのスーツにはこっちがいいな」と組み合わせの問題にする

    「今日のシャツにはこのネクタイがぴったり」(30代女性)というように、スーツやシャツとの相性に難癖をつけるセリフです。ただし、別のコーディネートの日ならいいだろうと思われそうなので、ネクタイ自体がおかしいなら、「このデザイン微妙じゃない?」などと意見を言いましょう。

  • 【3】「何かしっくりこなーい」と明るく言う

    「笑顔で『似合ってないみたい』と伝える。私も似合ってなければちゃんと教えてほしいから」(20代女性)など、ストレートに明るく指摘するのもひとつの手です。その場合、「せっかくのいい男が台なしだもん」など、フォローを忘れないようにしたいものです。

  • 【4】「そのネクタイ、顔色が悪く見えるよ」とやんわり否定する

    「なんか元気がない感じに見えちゃうね」(20代女性)など、ネクタイが全体的な印象を悪くしていると指摘するパターンです。「もっと明るい色がいい」「大きい柄のほうが華やかに見えるよ」など、改善ポイントを具体的に伝えると喜ばれるかもしれません。

  • 【5】「私はこっちが好きだな」と自分の好みを主張する

    「こっちのほうが、あなたらしくて好き」(20代女性)など、自分の好みを前面に出すセリフです。「そう、わかった」とあっさり交換してくれたら、「わー、ありがとう!」とうれしそうに応えれば、相手の気分もよくなるでしょう。

  • 【6】「お笑い芸人みたいだよ」と突っ込む

    あまりにも奇抜なデザインや柄のネクタイなら、「『マジシャンかい!』と突っ込む」(20代女性)などの方法もあります。とにかく楽しそうに指摘すれば、傷つかずに笑ってくれるかもしれません。「どこが?」と聞かれたら、「だって、そのデザインさ…」と明るく説明して、夫を納得させましょう。

  • 【7】「今日のラッキーカラーは青だって」と占いを持ち出す

    「じゃーん、今日のラッキーカラーは赤です」(20代女性)など、占いを口実にネクタイを替えてもらうのもいいでしょう。反対に「今月の注意カラーはピンクだって」と告げれば、少なくともその月は「おかしいネクタイ」を遠ざけられるかもしれません。

  • 【8】「個性的なネクタイだね」とひいた感じで言う

    「いつもと違う変わったネクタイだね」(30代女性)など、こちらがとまどっていることを含ませるのもよさそうです。「そうかな?」と納得しないようなら、「うん、あなたらしくない感じ」と首をかしげて見せると、自分からネクタイを交換したがるかもしれません。

  • 【9】「どれもイマイチだよね。今度、ネクタイを買いに行こう」と選ぶところからフォローする

    「買い物に行って、私にネクタイを選ばせて」(20代女性)など、ネクタイの根本的なラインナップごと見直しを提案するのもいいでしょう。「あなたに似合うの探そうね。いつ行く? 楽しみだな」とテンション高く盛り上げて、相手も楽しい気持ちになるように誘導しましょう。

ほかにも、夫の気分を害さずにネクタイが「おかしい」と指摘できるセリフがあれば、教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock