飲み会でお局様の隣の席になってしまったとき、間を持たせるための一言9パターン


同年代の女子がみんな退職してしまい、話し相手も少なくなってしまったお局様。ふだん周りに厳しく接していることもあって、職場飲み会でも何となく居場所がないことがあるようです。では、ひとりぽつんとしているお局様をどうフォローしたらよいのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査をもとに、「飲み会でお局様の隣の席になってしまったとき、間を持たせるための一言」をご紹介します。

  • 【1】「先輩、一度ゆっくりお話ししてみたかったんです」と隣の席に座る

    「『前からお近づきになりたかった』というニュアンスなら、相手も受け入れやすい」(20代女性)というように、お局様の立場に配慮した一言です。後輩らしい控えめな態度なら、お局様のプライドを傷つけずにすむでしょう。

  • 【2】「お酒は何がお好きなんですか?」と好みを聞いて話のきっかけを作る

    「飲み会の場で何を飲むか聞くのは自然だから」(20代女性)など、「場」にあわせた言葉も使いやすいでしょう。好みが一緒の場合は、「私もソレ、好きなんです!」などと会話を盛り上げ、話を展開させるとよさそうです。

  • 【3】「これ美味しそうですよ。お先にどうぞ」と料理をすすめる

    「年長者に先にすすめるのは常識だけど、この一言で話すきっかけにもなる」(20代女性)というように、先輩を敬う姿勢を示せるだけでなく、話の糸口にもなる言葉です。いくらお局様でも、ひとり浮いてしまうのはツラいもの。何気ない言葉だけでも心の中で喜んでくれそうです。

  • 【4】「飲んでますか? 次は何にされます?」と心遣いを見せる

    「話す相手もいないうえにグラスが空いていると超孤独。手持ち無沙汰で困らないよう、すかさず次のオーダーを聞く」(20代女性)など、お局様のグラスの空き具合をチェックするという気配り上手もいるようです。ただし、人それぞれ飲むペースが違うので、あまりに何度も声をかけると、うるさがられる可能性もあるので気をつけましょう。

  • 【5】「アジア雑貨好きと聞いたんですけど、私もなんです!」と共通の趣味を話題に出す

    「お局様がもともと興味のある話なら、向こうも打ち解けてきやすい」(20代女性)というように、自然な感じで相手の懐に入っていく方法です。さらに、趣味を知っていたということは、普段から相手に関心を持っていたことを示せるので一石二鳥かもしれません。

  • 【6】「先輩しか知らない部長が若かった頃の失敗話、教えてください!」とお局様を話題の中心に持ってくる

    「『大御所』として座の中心に引っ張り出すことで、お局様を主役にすることができる」(20代女性)など、話を全面的に振ってしまう方法です。ただし、「昔話」を強調しすぎると、お局様のカンに障るときがあるので、あまりしつこく言わないようにしましょう。

  • 【7】「先輩ー、ビールのつぎ方も知らないこのダメ新人君に何とか言ってやってくださいっ!」とあえてご意見番扱いする

    「後輩を叱るというシチュエーションを設定することで、お局様にもプレッシャーなく周りに馴染んでもらえる」(20代女性)というように、先輩ならではの役割をお任せして、「ひとりぼっち」を防ぐ方法です。ダメ新人を叱る度に、「さすが先輩!」などとヨイショすれば、飲み会の場まで、盛り上がりそうです。

  • 【8】「会社の飲み会って、上司に気を使って疲れますよね」と仲間意識を見せる

    「何気なく近づいてコソッと言えば、『そうそう。そうなのよ』とノリノリで反応してくれる」(20代女性)というように、一体感を持てる話題を振れば、お局様も心を開いてくれるようです。とはいえ、あまりにコソコソ話をしていると、逆にふたりで周りから浮いてしまうので注意したいところです。

  • 【9】「先輩。今日は二次会も参加ですよね?」と慕っているふうに言う

    「なかには『どうせ私は嫌われ者…』とスネている人もいるので、一緒にいたい素振りを見せると喜んでもらえる」(20代女性)など、お局様の心理を上手に使うテクニックです。「社交辞令」と思われないよう、親しみを持った笑顔で言うと、飲み会のあとも可愛がられそうです。

ほかにも「飲み会でお局様の隣の席になってしまったとき、間を持たせるための一言」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(橘しげる)
Photo:All images by iStock