生理前で不機嫌なお局さまにかけたい優しい一言9パターン


性格がキツく年中不機嫌なお局様は、生理前ともなると取り付く島がなくなることもあるようです。そんなときに八つ当たりの矛先をかわし、お局様の辛さを少しでも和らげるいたわりの気持ちを伝えるためのテクを『オトメスゴレン』読者の声からご紹介します。

  • 【1】「良かったらどうぞ、おすそ分けです」と、さり気なくチョコレートなど甘い物を渡す

    「イライラ全開でも、甘い物は鎮静剤代わりになるので、デスクの引き出しに常備しています」(20代女性)という人は多いようです。会社用のおやつを購入するときは、個包装で分けやすいタイプを選ぶと、いざという時に使えるアイテムとなります。

  • 【2】「今夜テレビに出るみたいですよ」とお局様お気に入りのアイドル情報を知らせてあげる

    「『○時からですよ』と教えてあげると、そそくさと定時に帰っていきます」(20代女性)というパターンもあるようです。アイドルや若手お笑い芸人が好きなお局様は多いものです。「いい歳して…」なんて思わないで、ネタのひとつとして上手に活用するといいでしょう。

  • 【3】「○○社の■■さん、△時に来社みたいです」と可愛い取引先男子のアポを教えてあげる

    「イケメンが来ると聞くと、さっきまでネチネチ言ってたのに、化粧直ししてお茶を出しにいきます」(20代女性)というように、お局様にとって生イケメンは、目の保養以上に心の癒し。同僚男子くんにお願いして、来社情報を教えてもらってはどうでしょうか。

  • 【4】「会社の近くにジェラートのお店がオープンしてましたよ」とお局様の好きなお店情報を、休憩時間前に教える

    「お昼前に早く出かけて、ゆっくり戻ってくるので、私たちもその間ホッとできます」(20代女性)ということも。休憩時間前に伝えるほか、夕方に伝えると退社時間が早まる効果もあります。お局様は趣味や食の好みをよく自己主張してくる傾向があるので、聞き流さずにチェックしておきましょう。

  • 【5】「割引券をもらったんですけど」とマッサージ店の割引率の良い券やクーポンをあげる

    「マッサージ券など見つけては財布に入れたり、スマホにブックマークしたりしているので、お局様のイライラ期とタイミングが合えばあげています」(20代女性)というように、お得に癒しが得られるものは、お局様も大好きです。マッサージで心も身体もスッキリしてもらって、ご機嫌よく翌日を迎えてもらいましょう。

  • 【6】「営業の○○さん、こんなことがあったらしいですよ」と、社内の笑い話で気を紛らせる

    「お局様は社内の噂話や笑い話が大好きなので、ピリピリしてても話し始めると『それで?』と乗ってきます」(20代女性)という方法も。お局様以上に情報通になっておくために、周囲の人と協力して情報共有のネットワークを作ってみてはどうでしょうか。

  • 【7】「あの仕事、おかげでうまく行きました」と、仕事に関する感謝の言葉で持ち上げる

    「ふつうに話しかけると嫌味を言われかねないけど、褒め言葉から始めればなんとか用を伝えられます」(20代女性)というように、褒められて嫌な気になる人はそういません。仕事の用件については、甘えるのではなく、信頼している感じで話しましょう。

  • 【8】「何かあったんですか?」と聞き、「ですよねぇ」と共感してあげる

    「『ちょっと聞いてよ!』と向こうから言ってくることもあるので、その時はどうしたんですか?と聞いてあげます」(20代女性)というように、そもそも女性は話を聞いて、共感してもらいたいもの。話の流れに合わせて、そうですねぇ、大変ですねぇと頷いてあげるだけでも、いい後輩と位置づけられるのではないでしょうか。

  • 【9】「今日は早くあがってください。私にできることがあればやっておきます」と帰宅をすすめる

    「お局様と距離が近くて、仕事内容も分かるからこそ言えるのですが…」(20代女性)というように、お局様とふだんからコミュニケーションが取れている関係なら、小さな声で言ってみましょう。お局様は早く帰れるし、周囲の同僚はホッとするし、みんなに感謝されるかもしれません。

あなたは、職場のお局様のイライラモードを、どんなふうに対処していますか? みなさんのご意見をお待ちしています。(永田知子)
Photo:All images by iStock