既婚上司に誘われた!やんわり釘を刺してお断わりする方法9パターン


結婚しているのに、職場の独身女子に声をかけてくるしょうがない上司たち。それに対して、下手に断ると仕事に影響しかねない?と悩んだことはありませんか。そんな困った上司たちに振り回されて時間を無駄にしないために、明るく後腐れなくお断りする方法を『オトメスゴレン』読者の声からご紹介します。

  • 【1】「奥様がいらっしゃるじゃないですかっ。ありえませ―ん!」と明るく返す

    「即お断りして、その話が続かないように仕事の話に切り替えました」(20代女性)というように、その場でサッと断れば尾を引きにくいもの。明るくサバサバとお断りして、すぐ仕事の報告や相談に内容を変えれば、相手も断られたバツの悪さをごまかせるのではないでしょうか。

  • 【2】「友達が一緒でもいいですか?」とふたりきりを避ける

    「向こうは複雑な顔をしていましたが、友達とふたりでおごってもらってラッキーでした」(20代女性)というちゃっかりした声も。思う存分飲んで食べて、意外とお金がかかる面倒な女と思わせるのも一手ですが、調子に乗って2度3度と続くと、「友達とふたりで」の砦が崩れやすくなるのでご注意を。

  • 【3】「世間のコンプアライアンス規定に引っかかります」と引いてみせる

    「ふだん割とフランクに話していた先輩だったので、少しびっくりした顔をされました。その後は仕事の話しかしていません」(20代女性)という例も。日頃のコミュニケーションとギャップのある反応をすると、相手もどう対応していいか分からなくなる、ということはあるかもしれません。

  • 【4】「そういうのって絶対誰かに見られて、すぐ噂になりますよ」と迷惑がる

    「うちの会社は噂好きの人が多くて、あっという間に広がります」(20代女性)というように、どこに人の目があるか本当に分からないものです。「誤解を受けて、先輩にも迷惑がかかるといけませんし」など、相手の仕事、出世などに影響する可能性をほのめかすのもいいでしょう。

  • 【5】「先輩は男性として素敵だと思います、だから不倫なんてしないでください」とお願いする

    「真剣に言ったら“分かりました…”と。その後は思ったほどギクシャクしなかったです」(20代女性)のように、人は心からお願いされたり、まっとうな期待を受けたら、それに応えたいと思うものではないでしょうか。思い切ってまっすぐ目を見て言ってみては?

  • 【6】「やっだー!冗談はやめてくださいよ、もうムリムリ!」と冗談にして返す

    「最初は食い下がってきたけど、そのうち『 そっかー残念!』と明るく引いていきました」(20代女性)というように、相手によっては冗談にしてしまうのも手です。一度で引き下がられなくても、「ムリムリ!」と言い続けていれば、向こうもそのうち諦めるでしょう。

  • 【7】「も―、言いつけちゃいますよ!」とデスクに置かれた子どもの写真を指差す

    「向こうが写真を意識したスキに、さっさと自分の席に戻ります」(20代女性)という方法も。デスクなど身の回りに子どもの写真を置いてる人には、これほど「やんわり釘を刺すアイテム」はありません。一度意識が子どもに向けば、またすぐこちらに寄ってくることもなさそうです。

  • 【8】「実は奥様の友達と、知り合いなんです」とすぐバレることをほのめかす

    「女性って恋愛の状況を友達同士で報告し合いますからねー、いまはSNSもあるし。なんて言ったら、青ざめてました」(20代女性)という奥の手もあります。独身女子を誘ってくる男性の中には、実際に女同士の情報共有で痛い目にあった事のある人も多いかもしれません。

  • 【9】「そんな事言わずに、お子さんと奥様を大事になさってください」と上から諭す

    「そのときは『 ええ、そうくる?』みたいな反応でしたが、その後仕事上のコミュニケーションは良好です」(20代女性)のように、相手が年上でも時にはマリア様のような気持ちで優しく諭すのもアリです。コメントのように、信頼関係に繋がる可能性もあるでしょう。

既婚上司から誘われたときの断り方、いかがでしたか? もしあなたも経験があったら、その時どう対応したのか教えてください。ご意見・ご感想もお待ちしています!(永田知子)
Photo:All images by iStock