取引先の男性に飲みに誘われたとき、後腐れなく断る方法9パターン


王子様に出会うために日々自分磨きに余念のない女子。でも、想定外の相手に誘われてしまったら? 次に会った時も普通に会話ができる程度に、『オトメスゴレン』読者に聞いた「後腐れなくお断りするヒント」をご紹介します。

  • 【1】「お取引先の方とは、上司と一緒でないとダメと会社で決められているんです」と規則を盾にする

    「上司と同伴、と言うとだいたい引かれます」(20代女性)というように、会社のルールを持ち出されると、普通それ以上は誘いにくいものです。営業マンが来る日は堅い服装にするなど、規律正しいマジメ女子を演出しましょう。

  • 【2】「お誘い上手ですね(笑)。でも、気になる人がいるのでご遠慮します」と彼氏の存在をほのめかす

    「いてもいなくても『好きな人がいる』と言います」(20代女性)というように、特に何度も誘ってきそうなタイプには、可能性がないことをハッキリ伝えると良いかもしれません。とはいえ、また会社で顔を合わせる相手ですから、キツい言い方にならないよう気をつけましょう。

  • 【3】「SNSのおかげで、最近同窓会が多いんですよね」と多忙な雰囲気をにじませる

    「実際、毎週のように飲み会が増えました」(20代女性)というように、SNSの影響でプチ同窓会が増えているようです。夜の予定がびっしりなことをアピールして、「入り込む余地はないな」とハードルの高さを印象付けましょう。いまどき男子の多くはそこで飲みの誘いを諦めるでしょう。

  • 【4】「私はちょっと忙しいんですけど、もし他にいい子がいたら聞いてみますね」と強引によそへ振る

    「私を誘っているのは承知の上で、あえてそう言っちゃいます」(20代女性)というように、少々イタくても勘違いしているフリをすることもあるようです。後は、後輩ちゃんにうまく対応してもらいましょう。

  • 【5】「友だちの会社で英語が公用化されて、刺激を受けて夜は自宅で勉強しているんです」と意識の高い発言をする

    「○○さんは何か学習していますか?とわざとお堅く聞くと、エッという顔をされて、話をそらすことができます」(20代女性)という展開になるようです。勉強をしている人には「いいから、飲みに行こう」というより、多くの人は「えらいね、がんばってください」と応えるでしょう。

  • 【6】「良かったら友だちも誘いたいんですが、みんな忙しいから」と予定を立てにくくする

    「いきなり二人は正直イヤ。で、人数を増やそうと言って日程を決めにくくします」(20代女性)というように、他の人が忙しいことを理由に予定が立たないことにしましょう。もし同時期に他の合コンの予定が入ったら、どこで話が通じるか分からないので、仲間うちに「あの営業マン、要注意ね」と念を押しておきましょう。

  • 【7】「そういう話は得意なコがいるから、聞いておきますね」と合コンの誘いと思ったフリをする

    「合コンの弊社窓口は私じゃないので、担当者をご紹介しましょうか」(20代女性)とかわす人もいるようです。お誘いを合コンと受け取ってとぼけたフリをする手です。断りたいときはそう演じると、相手もスムーズに引いてくれるでしょう。

  • 【8】真面目なお誘いだったら、「私の日頃の態度が、勘違いをさせてしまってすいません。私、彼がいるんです」と自分のせいにする

    「私が誤解を招いたと自分を悪者にしておいた方が、後々ラクな気がします」(30代女性)という方法もあるようです。本気の告白とともにお誘いを受けた場合は、誠実に対応する必要があります。そして早めに諦めてもらうには、ハッキリと断ることが重要です。

  • 【9】「いま仕事に集中しようと思っていて、どなたのお誘いも受けてないんです」と某アイドルグループよろしく規律正しさをアピールする

    「誰ともデートしないといえば、平等かと」(20代女性)というパターンもあるようです。キャリアアップを目指して前向きに頑張っているのを聞かされたら、誰も無理には誘えません。ただ、「もし息抜きしたくなったら、いつでも声かけてくださいね」と上手に促されたら「いつかお願いします」と軽くいなしましょう。

想定外の人に飲みに誘われてしまったときの、後腐れなくお断りする方法。他に皆さんが実践していることがあったら、ぜひ教えてください。ご意見をお待ちしています(永田知子)
Photo:All images by iStock