「ゆとり世代、いい加減にしろよ!」と先輩から激怒される振る舞い9パターン


その特異な価値観や常識感から「ゆとり世代女子」の言動は上の世代から理解されないことがあります。では、どのようなことをすると非常識と思われてしまうのでしょうか。上司や先輩が敬遠するタブー言動と、いい後輩と思われるための心得をご紹介します。

  • 【1】コンビニに行く先輩を見つけ「ついでに野菜ジュースも!」とパシリに使う

    「むしろあんたが行くんだよ!」(20代女性)というように、先輩に「ついで」で、ものを頼むなどもってのほか。このようなときはむしろ「私、行くつもりだったので一緒に買ってきますよ!」と機転を利かせるのがデキる後輩といえるでしょう。

  • 【2】社内企画コンペへの参加をすすめられ「いや、いいです」と競争心ゼロ

    「まったくチャレンジしない。やる気出さんかい!」(30代女性)というように、寝ても覚めても低体温なスタンスに、目上の人たちはイラだちを隠せないようです。同僚もいい意味でライバル、社内で切磋琢磨すればよりよい結果に辿り着くこともあります。まずは平均点より少し上を狙うつもりで日々の仕事に向き合うとよいでしょう。

  • 【3】先輩が新しい作業を教えようとした途端「マニュアルください」

    「まさに言われたことしかできない典型。仕事はゲームじゃない!」(20代女性)というように、人の言うことよりマニュアルに頼る姿勢は年長者に対して失礼に当たります。また、事務仕事に説明書などほぼ存在しません。応用力を身につけるためにも経験豊富な先輩方の胸を借りてみてはいかがでしょうか。

  • 【4】調べものをお願いされ「ググれば分かりますよ」と言いきる

    「ナマイキすぎ! リサーチも立派な仕事です!」(30代女性)というように、頼まれ事を突き返すような言動は、相手の怒りを買う恐れがあります。仕事での調べ事は、マーケティングに必要な欠かせないアクションです。情報に強い世代だからこそ自ら買って出て、得意のインターネットやSNSを駆使したリサーチ力を活かし好評価につなげるほうが得でしょう。

  • 【5】部署の飲み会に誘われ「あ、私は大丈夫です」と自分本位で断る

    「大丈夫って何が? 意味不明…」(20代女性)というように、特に用事があるわけじゃないのに拒否しては、協調性のない人だと思われてしまいます。会社の飲み会は普段話しづらい上司などと親睦を深めるよいチャンスです。もし行けない場合は「体調が悪いので…」など、きちんと理由を伝えるようにしましょう。

  • 【6】取引先に書類を持って行くよう頼まれ、担当者不在でそのまま持ち帰る

    「なぜすぐ電話してこない!?」(20代女性)というように、困ったときその場で指示を仰げば、他の人に渡すなど適切に処理できるかもしれません。「急ぎだからこそ郵送にしなかったのかも…」と察知し、イレギュラーな場面に出くわしたらすぐ報告、どうすればいいのか確認するよう習慣づけるとよいでしょう。

  • 【7】会社飲みのお店予約を頼まれ「やったことがないのでできません」と拒否

    「誰だって初めは未経験。教えを乞う姿勢がないのが問題」(30代女性)というように、常に受け身で自分から動き学ぼうとしない姿に落胆するという声が大多数。分からなければ先輩に聞き、雑務もひとつひとつ丁寧にこなしてこそ新人の鏡です。

  • 【8】メールで「今日、休みます」と報告

    「大事なことをメールのみで済ます神経が理解不能…」(30代女性)というように、送り相手がいつ確認するかわからないメールでの連絡は、気づかれなかったら最後、行方不明と思われてしまいます。そもそも会社を休むには上司の許可が必要です。直接上司に電話をし、理由と共に休暇願いを出すようにしましょう。

  • 【9】会社飲みのお店の地図を確認せず「どうやって行くんですか?」と先輩に聞く

    「結局、私が地図アプリで調べてみんなを誘導。ありえない」(20代女性)というように、頼まれたこと意外一切無関係、誰かがやってくれるという思い込みは「何様な後輩」というレッテルを貼られてしまう可能性大。言われる前に率先して動くフットワークの軽さを心がけましょう。

他に、「ゆとり世代、いい加減にしろよ!」と先輩から激怒される振る舞いにはどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock