入社したばかりの後輩女子に、「仕事できない先輩だなぁー」と見下されてしまう瞬間9パターン


「初めてできた後輩女子と早く仲良くなりたい、いい先輩だと慕われたい」…そう思うあまり、つい余計なことをしてしまったり、舞い上がって逆に自分が失敗してしまったり。挙句、仕事のできない先輩と見下されてしまった経験を持つ『オトメスゴレン』読者の失敗談を集めました。

  • 【1】仕事中、ドラマや映画の話などの雑談をふりすぎたとき

    「気軽く頻繁に雑談を持ちかけていたら、『仕事しなくていいんですか?』って顔をされた」(20代女性)という、ありがちな失敗談。趣味や好きなことなど共通の話題を見つけて早く仲良くなりたい気持ちはわかりますが、お昼休みや通勤途中で一緒になったときなど、場所とタイミングを考慮しましょう。

  • 【2】なぐさめるつもりで自分の仕事の失敗談を語ったとき

    「自分の失敗談を話したら、逆に仕事のできない先輩という印象に」(20代女性)というのは、良かれと思ったことが裏目に出てしまったケース。今は仕事をバリバリこなしている人が「昔は私も失敗して…」というと説得感があるけれど、今も失敗続きなら、ダメ先輩と思われてしまう話題は避けるに限ります。

  • 【3】仲良くなりたい一心で後輩をちゃん付けで呼んだとき

    「○○ちゃんって呼んでたら、上司に『ここは仕事場だぞ』と注意され、後輩から冷たい視線が」(20代女性)というように、TPOをわきまえない言動はご法度。職場ではあくまでも先輩・後輩の立場を踏まえ、友人として仲良くなりたいなら仕事外の時間を利用しましょう。

  • 【4】お使い途中に、ちょっと道草していこうと誘ったとき

    「お茶してこうと誘ったら、『いえ、仕事中ですから』と断られた」(20代女性)というような、社会人としてのマナー違反の失敗談も。後輩に、「いつもこうやってサボってるんだ」と思われてしまいます。ふたりの時間を持ちたいならアフター5を利用しましょう。

  • 【5】後輩から頼まれた上司宛ての伝言を忘れたとき

    「伝言を忘れた自分ではなく、後輩が大目玉をくらった」(10代女性)という悲惨な失敗談も。引き受けたからには責任を持ってやりとげる。これができなければ、仕事ができない先輩と思われても仕方がありません。メモを取る、文書で伝えるなど、仕事の基本を思い出しましょう。

  • 【6】パソコンでの作業、自分より後輩の方がだんぜん早かったとき

    「データの打ち込みを頼まれテンパってた後輩を見兼ね、私も半分お手伝い。でも後輩の方が私より早く終わり、『残りは自分でやりますから』と言い放たれた」(20代女性)という赤っ恥失敗談も。後輩の能力を知る前に先輩風を吹かせると、とんだ状況を招きかねません。後輩は仕事が遅い、できないという固定観念を捨てることが大切です。

  • 【7】後輩と代わってあげたクレーム電話で相手から怒鳴られ、泣いてしまったとき

    「偶然、後輩が怒ったお客様からの電話を受けてしまい、私が交代。後輩の前だからとなんとか頑張ったがつい涙があふれ、対処できず先輩に交代」(10代女性)というように、後輩の前でいい格好をしようと無理すると事態をより悪化させることに。自分だってまだまだ未完成。自分の限界を理解して、背伸びしないようにしましょう。

  • 【8】コピー機の紙詰まりを起こした後輩を助けようとして、よけいに悪化させてしまったとき

    「悪戦苦闘している後輩に助け船を出したが、元々機械系は苦手でどんどん悪化させ、業者を呼ぶはめに」(20代女性)という、こちらもいい格好をしようと思って失敗してしまったケース。後輩の前だからと自分でなんとかしようと思わず、機械が得意な先輩などに声をかけて対処してもらうのがベストです。

  • 【9】質問されて得意げに答えて、あとでその答えが間違っていたとわかったとき

    「書類の書き方を教えたらそれが間違っていて、後輩が上司に『これ、誰に教えてもらったの?』と注意された」(20代女性)という、穴があったら入りたい思いの失敗談。人に教えるのは自分が確実にできるようになってからを心がけましょう。

ほかにも、後輩のためを思ってやったことが裏目に出てしまった、仕事のできない先輩と思われてしまった経験を持つ方は、どんな失敗談だったかをぜひ教えてください。(保科和代)
Photo:All images by iStock