「本気で無礼だな」と感じる後輩女子の一言9パターン


上司や先輩の気分を害す後輩の不しつけな発言は、職場の雰囲気を悪くし、人間関係を築く上でネックになりがちです。そこで今回は、無礼な発言を繰り返す後輩を「気持ちのよいメンバー」として教育するための対処方法をご紹介します。

  • 【1】たいした実力もないのに言う「うちの上司は見る目がない」

    なんでもかんでも何かのせいにする「被害者意識の強さ」が表れた一言に、「仕事させてもらってるのに何様?」(30代女性)という声が続出しています。自分を客観視できない後輩には「どんな小さな仕事でも誰かの役にたっている」ということを伝え、自分の存在意義を認識させてあげましょう。

  • 【2】「あの件大丈夫?」と確認したときの「わかってます」

    「新人は『ほう・れん・そう』ができない!」(30代女性)というように、報告・連絡・相談ができない若手OLが増えているようです。これは、今どこまでできているかという「進捗状況」と、いつどこまででき上がるかという「今後の見通し」を上の人が確認するための「リスクヘッジ」だと教え、何かあったときはサポートするという姿勢を見せるとよいでしょう。

  • 【3】返事が毎回「はいはいはい」

    「頼む気が失せる…」(20代女性)というように、返事は連続されると「嫌々」という印象を与えてしまいがち。この返事がクセになってしまうとお客様の前でも無意識に放ってしまう恐れがあるため、「社会人の『はい』は一回」と繰り返し教えていきましょう。

  • 【4】しゃべり始めがつねに「っていうか」

    まさに「若者ことば」といってもよいこの単語は、「深い意味はなく、もはや口ぐせ」(20代女性)というように、無意識に出ていることがほとんどです。このような返し方は、相手の意見を否定するところから入るため、相手は「カチン」ときてしまいます。反論するときは「そうですね、しかし…」と一度受け入れてから切り返す「YES-BUT方式」を使うと、相手の自尊心を傷つけず意見交換ができることを伝えましょう。

  • 【5】手伝う気配すらない「頑張ってくださーい」

    「なんも言わない方がまだマシ」(20代女性)というように、白々しい応援は「ウソの気づかい」だと即バレるのがオチ。仕事で大切なのは「応援」ではなく「支援」です。バタバタしている先輩や同僚がいたら「お手伝いすることはありませんか?」と一声かけることで、チームワークが高まると説きましょう。

  • 【6】課の飲み会に誘ったとき平然と「彼とデートなんですみません」

    「イマドキの子は協調性一切なし」(30代女性)というように、若手OLで会社飲みの「本当の意味」を理解している人は極わずかです。「これは上司や同僚の仕事以外の一面を知り、関係性を高めるチャンスなの。コミュニケーションのひとつとして次回は参加してね」と優しく諭すとよいでしょう。

  • 【7】異様に自己主張が強い「私的には○○」

    「じゃ、独立でもすれば?」(30代女性)というように、過度な自己顕示欲の強さは「身の程知らず」と思われるのがオチ。「じゃあ、お客様や会社的にはどうかしら?」と質問し、組織の一員としての意見を述べさせ、会社は共同体であることを認識させてあげましょう。

  • 【8】上司の問いかけに「えっ?」

    「聞こえてるクセに…」(20代女性)というように、その一言の後に隠れた「なんで私が?オーラ」は確実に相手に伝わってしまうもの。そんな後輩には「○○さんにお願いしたいことがあるんだけど」と切り出し、「あなただから」ということを強調すると、モチベーションを下げず、反発心もやわらぐでしょう。

  • 【9】ミスをした後、メールで「ごめんなさい」

    「逆に失礼」(20代女性)というように、謝罪に顔の見えないツールを使うことはマナー違反という意見が大多数。デジタル化による対面コミュニケーション不足を解消すべく、「繰り返さないためにどうしたらいいか相談しよう」と話しかけ、後輩に会話グセをつけさせるとよいでしょう。

ほかに、「本気で無礼だな」と感じた後輩女子の一言にはどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(榎本洋子)
Photo:All images by iStock