これだからワーキングマザーは…同僚の非難を防ぐ気遣い9パターン


独身の女性にとって、同じ職場で働くママの行動には理解しがたい面もあるようです。お互いに気持ちよく働くために、ワーキングマザーとして周囲への気配りは忘れたくないもの…。そこで今回は、独自のアンケート結果を参考に「職場の独身女性から『これだからワーキングマザーは…』と非難されないための気遣い」をご紹介します。

  • 【1】「みなさんにも予定がありますよね」と相手の都合を気にする

    「『独身って、自由でいいわ』と決めつけない」(20代女性)というように、未婚の女性ならスケジュールの融通が利いて当然だという態度は、反感を買いかねません。自分だけが忙しいのではなく、周囲の人にもいろいろな予定があると理解した上で、頼みごとがあれば低姿勢でお願いしましょう。

  • 【2】「子どもが熱を出したので、早退させていただけますか?」と申し訳なさそうに言う

    「子どもの都合で休むときは『本当に恐縮ですが…』と丁重に申し出る」(30代女性)というように、たとえ子どもの不調や行事のためでも、休むことを好ましく思わない人がいると心得ましょう。申し訳なく思う気持ちをしっかり伝えることで、相手も「仕方ない」と思ってくれそうです。

  • 【3】「いつも協力してくれてありがとう」と感謝の言葉を口にする

    「『昨日は助かりました』と面と向かってお礼を言う」(20代女性)というように、何かとサポートしてくれる人たちには、きちんと感謝の気持ちを表現しましょう。言葉にして謝意を示すことで、相手の心持ちもずいぶん変わってくるので、良好な職場環境をキープするためにも実践しましょう。

  • 【4】「うちの子がだんご虫を食べようとして…」と子どもネタでは笑いを誘う

    「同僚はママ友じゃないから、わが子の話はあまり持ち出さない」(30代女性)というように、独身女性にとって「うちの子トーク」は、あなたが思っている以上に退屈な話題かもしれません。相手がそれほど乗ってこないようであれば、おもしろ話でウケを狙うぐらいにしておいたほうが無難でしょう。

  • 【5】「私にできることがあったら教えて」と積極性を示す

    「もちつもたれつの関係を保っておきたい」(20代女性)というように、時短勤務や急な早退で周囲に負担をかけがちな立場であればこそ、同僚からの頼みごとは嫌がらずに引き受けておいたほうがいいでしょう。困っている人には「何かお手伝いしましょうか?」と声をかけることで、良好な関係を築くことができそうです。

  • 【6】「ご迷惑をおかけしました」と私用で休んだあとは謝る

    「家庭の都合で早退したら、翌日はしっかりフォロー」(30代女性)というように、仕事に穴をあけてしまったら、次に出社したタイミングで必ず頭を下げるようにしましょう。「昨日は本当に大変で…」と説明したところで、同情してもらえるとは限らないので、「おかげさまで息子の熱は下がりました」などと控えめに報告するのがよさそうです。

  • 【7】「気づいたことがあれば、遠慮なく言ってください」と低姿勢を貫く

    「できるだけ笑顔で過ごす」(20代女性)というように、「働くママは忙しいの」とキリキリせず、何でも話しやすい雰囲気を作っておくことも大切でしょう。親しい独身の同僚に「ママになって見方が偏ってるかも…。おかしいと思ったら教えて」などとお願いしておくといいかもしれません。

  • 【8】「これ、この前のお礼です」と特に負担をかけた同僚にはお菓子を渡す

    「いつもシフトを代わってもらう女性には、たまにコーヒーをごちそうする」(30代女性)というように、感謝を言葉で述べるだけでなく、品物でお礼をするのもひとつの手です。旅行でちょっとしたお土産を買い、「いつもご迷惑をおかけしているので」とひと言添えて渡すのもよさそうです。

  • 【9】「次の飲み会は参加します」とたまには夜の会合にも付き合う

    「子どもを預けられる日は女子会に参加」(20代女性)というように、夜の外出は無理と決めつけず、何回かに1回は都合をつけて参加しておくと、同僚との仲が深まりそうです。どうしてもやりくりできないなら、「子どもが留守番できるようになったら参加するのが楽しみ」と前向きな気持ちだけでも伝えておきましょう。

ほかにも、職場の独身女性から非難されないための気遣いがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock