飲み会で人生論を語る上司が「俺の話をよく理解しているぜ!」とテンションを上げる一言9パターン


社内の飲み会で、自分の経験談や人生論をとうとうと語る上司につかまって、対応に困ったことのある人は多いはず。そこで今回は、お酒の席で熱弁を振るう相手をイイ気分にさせつつ、自分のポイントも稼げる一石二鳥の「合いの手9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「○○さんのお話って奥が深いですね」と真面目な顔でフンフンと頷く

    「真剣に聞いているフリをしつつ『含蓄のあるお言葉ですね』とか言ってあげると、すごく嬉しそう」(20代女性)というように、一生懸命に話を聞く態度を見せると喜ばれるので、ポイントアップにつながりそうです。感嘆の言葉は連発するとわざとらしくなるので控えめにしましょう。

  • 【2】「ええ」「そうですね」「なるほど」と笑顔を絶やさず聞き役に徹する

    「話の継ぎ目に相づちを打って、あとは笑顔! 『キミは聞き上手だね』とよく言われます」(30代女性)など、聞き役になってあげるのも賢明な対応です。ただ、相手を見ないで応答を繰り返すと「聞き流してるんじゃないのか?」と疑われてしまうので、目を見て返事しましょう。

  • 【3】「○○さんみたいな生き方って素敵です」と尊敬の眼差しで見つめる

    「『尊敬されているオレ』という状況に酔わない上司はいません」(20代女性)というように、部下それも女性からの賞賛は、上司を気持ちよくさせる効果があります。でも度が過ぎると「もしかしてオレに惚れてる?」と勘違いされる可能性もあるので、見つめすぎないよう気を付けましょう。

  • 【4】「すごく勉強になります。ありがとうございます」とニッコリ笑って感謝してみる

    「お説教が人生論になりがちな上司には『私のために言ってくださって嬉しいです』と言っておけば大丈夫」(20代女性)というように、へりくだって相手を立ててあげるのも有効です。とはいえ「バカな私のために…」など、自分を貶める言い方は卑屈に見えてしまうので避けましょう。

  • 【5】「○○さんってすごい!」と素直に感心してみせる

    「酔いが回って『オレはこう思う』『オレはこうする』とか言い始めたら、感心した素振りで受け流します」(30代女性)など、相手が熱心に話し始めたら逆らわずにおだててしまうのもよさそうです。相手がシラフのときは「あしらわれてる?」と思われそうなので、状況を見て使いましょう。

  • 【6】「○○さんがいてくださればこの部は安泰ですね」とプライドをくすぐる

    「仕事の話になったときは『○○さんのおかげでプレゼンがうまくいきました』とか、持ち上げてあげればゴキゲンに」(20代女性)というように、上司としてのプライドが満たされるような言葉をかけるのもいいでしょう。同僚の反感を買わないよう、相手にだけ聞こえる声で言うのがおすすめです。

  • 【7】「○○さんはいろんなことをご存知なんですね」と褒めそやす

    「うんちくを得意げに話し出したら『博識ですね!』と言ってあげるとホクホク顔に」(20代女性)など、あれこれ語りたがる人には「何でも知ってらっしゃいますね」と褒めてあげると喜ばれます。前に聞いた話が出ても、「知ってます」と口を挟むと機嫌を損ねるので黙って聞いてあげましょう。

  • 【8】「○○さんみたいな人、なかなかいませんよ」とオンリーワンをほのめかす

    「『部長が一番!』『部長にかなう人はいない』と言えばご満悦」(20代女性)など、それとなく「あなたは別格」と匂わせる言葉をかけて優越感を持たせてあげる方法もあります。お酒の席で部下から無邪気に言われれば、お世辞とわかりつつも「そうか?」と満更でもない顔になるでしょう。

  • 【9】「またいつか、いろいろご指導くださいね」と男の教えたがり願望を刺激する

    「『またタメになるお話を聞かせてくださいね』ってお願いすると悪い気はしないみたい」(20代女性)というように、教えを請われると嬉しそうにする男性は多いものです。「話しがいのある子だ」と気に入られれば、日常でも何かと目をかけてもらえるようになるかもしれません。

お酒の席で熱く語る上司をイイ気分にさせてポイントを稼ぐには、ほかにどんな合いの手があるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしています。(松谷あさ子)
Photo:All images by iStock