仕事でミスをして落ち込む夫を励ます一言9パターン


日々の仕事において、ミスは誰にでもあること。妻の前で落ち込む姿を見せるのは、夫が心を許してくれている証拠だと言えそうです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「仕事でミスをして落ち込む夫を励ます一言」をご紹介します。

  • 【1】「あなたなら大丈夫だよ」と自信を持たせる

    「大丈夫と言われたら、包んでくれるような優しさを感じる」(20代男性)というように、「大丈夫」という言葉に救われる人は多いようです。「あなたなら」と強調することで自信も回復しそうなので、満面の笑みで言ってあげましょう。

  • 【2】「誰にでもそんなときがあるよ」となぐさめる

    「みんなそうだよと言ってくれると、ちょっと安心する」(20代男性)という意見のとおり、特別なケースではないと主張して、気持ちを軽くするパターンです。それでも前向きにならなければ、「私もね…」と自分のエピソードを語ると説得力が増すでしょう。

  • 【3】「そっか、めずらしいね」とフォローする

    「『めずらしいことだね』と驚かれて、うれしくなりました」(30代男性)というように、夫の実力を全面的に認めることで、元気を取り戻してもらう方法です。もし「え、そうかな?」と答えが返ってきたら、「うん、そうだよ! あなたはいつもうまくやってるじゃない」とダメ押ししてみると、さらに気分がよくなりそうです。

  • 【4】「いざとなったら私が養うから安心して!」と頼れる妻をアピールする

    「『私がサポートするから』と言われると、夫婦の絆を感じる」(30代男性)というように、「愛する夫をしっかり支える姿勢」を見せるのもいいでしょう。ただし、「俺がキミを養う!」というタイプの夫ならプライドを傷つけてしまうので、見極めたほうがよさそうです。

  • 【5】「よーし、私が元気にさせてあげる」と明るく振る舞う

    「僕はプライドが高いから(笑)、『今日はごちそうだよ』とか、さりげなく励ましてほしい」(20代男性)という声も。「どうやったら元気になってくれる?」「うーん、そうだな…」なんて会話を楽しむうちに、いつもどおりの明るい表情を見せてくれるかもしれません。

  • 【6】「すぐに取り戻せるって。次は頑張ろうよ」と勇気づける

    「『明日には挽回できるよ』という言葉に力をもらった」(10代男性)というように、「次」に意識を向けさせることで、夫の気分が変わる場合もあります。「頑張って」ではなく「頑張ろう」と、相手に寄り添う言い方で力づけましょう。

  • 【7】「ミスは過ぎたこと。繰り返さなければいいよ」と気持ちを切り替えさせる

    思いもよらぬケアレスミスで自分を責めているようなときは、「あまり厳しくしないでほしい」(20代男性)と願う男性が多いようです。説教じみたトーンで話すとよけいに傷つけてしまうかもしれないので、明るく諭してあげたほうがよさそうです。

  • 【8】「くよくよしないで」とやんわり活を入れる

    「大切な人に言われて、いつまでも後ろ向きじゃダメだと思えた」(30代男性)というように、落ち込む状況に釘をさして気合いを入れさせる方法です。ついでに「私まで悲しくなっちゃう」と言えば、「妻のために頑張るしかない!」と奮起してくれるでしょう。

  • 【9】「今回は学んだと思えばいいよ」と発想を変えさせる

    「アドバイス的な感じでありがたかった」(20代男性)というように、「失敗から学ぶ」方向に発想を転換させるのもひとつの手です。上から目線で言い放つのではなく、相手との関係性の中で「思えばいいかもね」などと語尾を工夫しながら使うとよさそうです。

ほかにも「仕事でミスをして落ち込む夫を励ます一言」があれば教えてください。ご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock