ママ友ともっと仲良くなるための「会話の突破口」9パターン


知り合って間もないママ友ともっと仲良くなりたい。でも、どんな言葉をかけたら楽しく話ができるのか分からないという人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「ママ友ともっと仲良くなるための『会話の突破口』9パターン」を紹介します。

  • 【1】「昨日のあれ観た?」など、テレビ・芸能ネタをふる

    「好きな芸能人の話なんて、ダンナに聞いてもらったってしょうがない」(20代女性)というように、女同士だから盛り上がれる話題もあります。年齢の近い女性が相手であれば、話題は尽きないし、どうでもいい話だからこそ安心しておしゃべりできるという利点もあるでしょう。おしゃべりが育児の息抜きになれば、ママ友との時間も楽しみになりそうです。

  • 【2】「子どもも入れるレストラン知らない?」などと、ショップ情報を聞く

    「こっちからもとっておきのネタを提供すれば、ツカミはOK!」(20代女性)と、楽しい話題で気を引く作戦です。ママだってときには気晴らしをしたいもの。一緒に出かけられたらとの期待も込めて、お勧めスポットを教え合ってはいかがでしょうか。子ども服のショップやカフェなど、趣味が合えばきっと楽しく過ごせるはずです。

  • 【3】「うちの子ども、○○ちゃんのこと大好きなんです!」などと、相手の子どもを褒める

    「やっぱり自分の子どもを良く言われたら、素直に嬉しい」(20代女性)というように、子どもを引合いにだすことで、相手に好意が伝わりやすくなりそうです。あまり白々しく聞こえてしまわないよう「この前うちの子が砂場の横でモジモジしてたら、スコップを貸してくれて…。○○ちゃんって優しいですね」と、具体的に話すようにしましょう。

  • 【4】「保健所からお知らせが来てたけど、知ってる?」などと、地域の生活情報を共有する

    「見落としがちな予防接種なんか、すっかりママ友情報に頼ってる」(20代女性)というように、育児中のママにとって、口コミは確実な情報源のひとつでしょう。スーパーの特売から評判のいい小児歯科、地域のルールまで、ママ同士のおしゃべりで生活が広がりそうです。

  • 【5】「トイレトレーニングってどんなふうに進めた?」などと、育児の悩みを相談する

    「座って食べられない息子の話をしたら、『実はウチも…』と盛り上がった」(20代女性)というように、打ち明け話をきっかけに心の距離が縮まることもあるでしょう。ママ同士だからこそ分かり合える気持ちを吐き出すことができたら、理想的な関係を築けそうです。

  • 【6】「子どもに何かさせてる?」と習い事などを尋ねる

    「何の気なしに聞いたら、子どもを芸能事務所に入れていると言われ、思いきり食いついてしまった」(30代女性)というように、相手に話題を合わせる方法です。家族の趣味や習い事を聞いてみると、ママ友の価値観が垣間見え、付き合うときの参考にできるかもしれません。

  • 【7】「出身ってこの辺じゃないんだよね?」と地元話を引き出す

    「ママ友の熊本弁に萌え!」(20代女性)など、背景の違いがあるほどお互いに興味を持てるという意見です。生まれ育った故郷の話であれば、どんなに口下手であっても、話すネタには事欠きません。だいたいの市名など、初めから詮索しすぎない程度の聞き方にするといいでしょう。

  • 【8】「ちょっと聞いてよ! うちのダンナがさぁ…」と夫についての愚痴を話す

    「いつも内緒でネタにして、夫にはずいぶん貢献してもらっています」(30代女性)というように、飾らない姿をさらけ出す方法です。単に不満を漏らすのではなく、共感しやすい笑い話なら、相手も打ち解けやすくなりそうです。とはいえよからぬ噂が広まっても困るので、浮気や借金などディープすぎる話は避け、罪のない失敗談程度にとどめておきましょう。

  • 【9】「今度うちに遊びにおいでよ!」と明るく誘ってみる

    「分かりやすくストレートに言うのが一番」(20代女性)というように、本当に親しくなりたい相手であれば、さらっと自宅に誘ってみるのもいいでしょう。すぐに行き来することにならなくても、相手に心を開いていることは伝わりそうです。連絡先の交換から始めれば、そこから会話が広がるかもしれません。

ほかにも「ママ友と話して盛り上がり、仲良くなれた話題」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(深山玲)
Photo:All images by iStock